本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ユキヤナギ

戻ります

ユキヤナギのデータ

花色:白
学名:Spiraea thunbergii
別名:コゴメバナ
科名:バラ科
分類:落葉低木
原産地:日本、東アジア
大きさ:背丈1.2〜2.0m 横幅1.5〜2.5m 葉2〜4cm前後(互生)
主な見所:花(3〜4月)

ユキヤナギの特徴

早生種はサクラよりも早い3月ごろ、垂れる枝に雪がかぶったように小さな白い花をびっしりとつけます。葉は細長く小さめで、細かい鋸歯があります。自然樹形は株立ちで長い枝が垂れる優しげな雰囲気です。ヤナギに葉が似てることが名の由来です。道や池の端など庭だけでなく、公共の場所でもよく見かける花木で、それだけ強健な証拠です。ピンク花や花期違い(早生〜晩生)の園芸品種があります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 適湿を好みますが、幅広い条件に耐えます
  • 耐寒性: 寒さには強いです
  • 成長速度:早い 成長は早いです
  • 移植:落葉期 移植は容易です

ユキヤナギの育て方

日当たりの良い場所で育てます。多少暗くても育ちますが花つきに影響します。土壌は選びませんが、水はけ水もちのよい肥沃な場所が適地。乾燥には比較的強いです。横に広がりやすいので密植は避け、なるべく余裕を持った植栽間隔で植えます

  • 管理:自然樹形を楽しみますが、生垣の場合は春〜夏の間2度程度刈り込みします。樹形が乱れて手に負えなくなったら落葉期に根際からすべての枝を切り戻して更新します
  • 剪定花後・落葉期 花後にすぐ刈り込むか、仕立て直す場合は落葉期に根際から枝を切り取ります。普段の落葉期は花芽がついているので邪魔な枝を取り除く程度にします
  • 肥料:遅効性肥料を落葉期に与えます
  • 病害虫:たまにカイガラムシやうどんこ病が発生することがあります

ユキヤナギのアレンジ

優しく枝垂れる姿は列植に向きます。また、単独で四方に伸びる姿を観賞するのもよいと思います。樹形が暴れる上、花を咲かせるには夏以降の剪定ができないので狭い場所には向きません

ユキヤナギの主な品種

開花期の違いで早生種〜晩生種があり、花色は白花のほか、ピンク花があります。黄金葉種もありますがあまり出回りません


「ベニバナユキヤナギ」
ユキヤナギの薄ピンク花。つぼみの色は濃いめのピンクですが花が開くと薄くなります

その他の写真


花のアップ。ひとつひとつの花弁は離れています

ユキヤナギの個人的な印象

オススメ度:70%
丈夫で花もよく咲きます。やや広めの場所があれば使い勝手は良好

その他、コメント

  • 刈り込んで生垣で使うこともありますが性質に合ってるとは思えません。枝を自然に広げられるよう配慮しましょう

戻ります