本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヤツデ

戻ります

ヤツデのデータ

花色:白  実:黒
学名:Fatsia japonica
科名:ウコギ科
分類:常緑低木
原産地:日本、東アジア
大きさ:背丈1.0〜2.0m 横幅0.6〜1.8m 葉20cm前後(互生)
主な見所:花(11〜1月)、実(4〜5月)

ヤツデの特徴

暖かい海岸地方の林の下で必ずといってよいほど見かける丈夫な自生種です。特徴的な濃緑の大きな葉は、八手の8ではなく7・9つ程度に裂けています。葉柄が長く大振りな感じです。枝は枝分かれが少なく、大きくなると木質状になります。林床に自生しているので日陰の環境にも強く、庭では北側の隅などに植えつぶしとして用いられています。花は初冬に白く固まって咲きますが、黒い実とともにあまり美しくはありません。それでも日陰に強い丈夫な性質は貴重です

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰から日陰を好みますが、日当たりの良い場所でも育てられます
  • 水分量: 乾燥にはやや弱いです
  • 耐寒性: 関東以南であれば問題ありません
  • 成長速度:やや遅い 急に大きくなりません
  • 移植:春・梅雨・秋 移植は難しくありませんが、大株の場合は葉を剪定して行います

ヤツデの育て方

北側の通風の悪い庭など、かなりの悪条件化でも育つ強健な植物。半日陰から日陰のやや湿った肥沃な土の場所を好みますが、広い幅をもっています。乾燥しにくい土壌なら日当たりの良い場所でも育ちますが、葉色は薄くなります

  • 管理:成長が遅いので普段は剪定する必要はないです。枝が伸びすぎた場合は切り戻します
  • 剪定 伸び過ぎたら春に切りますが、普段は剪定する必要はありません
  • 肥料:土が肥沃なら肥料は無理にいりません
  • 病害虫:特に気になるものはありません

ヤツデのアレンジ

和風の庭に向きます。自然風の庭の根じめにも合っています。他種の植栽が難しい北側の庭にも使えます

ヤツデの主な品種

斑入り種もありますが、店頭にはあまり出回りません


ヤツデの斑入り品種

ヤツデの個人的な印象

オススメ度:40%
とても丈夫で、北側の通風の悪い庭でも育ちます。ただ、花や実、大きな葉は好みが分かれそうです

コメント

  • 鳥の運んできた実から知らずに生えてきます

戻ります