本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

テイカカズラ

戻ります

テイカカズラのデータ

花色:白
学名:Trachelospermum asiaticum
科名:キョウチクトウ科
分類:常緑つる性木本
原産地:日本、東アジア
大きさ:背丈1.5〜3m(10m)つる性  葉3〜5cm(対生)
主な見所:花(5〜6月)

テイカカズラの特徴

日本に自生のある丈夫なつる性植物。花はプロペラ状の特徴的な形。花色は乳白色です。葉は楕円形ですが、大きさや形などに変化が多いです。斑入りなど様々な葉色の改良品種が出回ります。株は幼苗の時は地面を這うように育ちますが、大きくなると徐々にツルを伸ばすようになり大きくなります。寄せ植えやグランドカバーに使いやすいハツユキカズラなどの園芸品種とは植栽用途が異なり、テイカカズラは広い面積の植栽に向きます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 花つきは悪くなりますが半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 寒さには強いですが、関東地方以西推奨です
  • 成長速度:早い 成長は早いです
  • 移植:春・秋 移植は容易です

テイカカズラの育て方

日当たりのよい場所を好みます。暗い場所だと花つきに影響が出ますが、半日影でも育てられます。また、小さな苗のころは明るい日陰でも育ちます。肥沃なやや水もちのよい土が好みですが、広い幅で耐えます。暑さ寒さに強く丈夫で育てやすいため、普通に栽培する分にはまず問題ないでしょう

  • 管理:放任すると伸び放題になるので、誘引や剪定をして整えます
  • 剪定花後 花後に花がら摘みを兼ねて切り戻します。誘引や徒長枝の剪定は随時気になったときに行えばよいです
  • 肥料:春と秋に緩効性肥料を与えますが、花がよく咲くようなら無理に与えなくて構いません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

テイカカズラのアレンジ

和風や自然風の庭に合います。花つきが良いですが花色のせいか落ち着いた雰囲気です。洋風の庭でも合いますがやや地味な見た目になります。トレリスや樹木に這わせるほか、垣根などに誘引して境栽や生垣状に仕立てられたりすることもあります。暑苦しくならないように剪定などで管理しましょう。ハツユキカズラとは異なりグランドカバーや寄せ植えで用いられることはめったにありません。花期の合うツルバラやクレマチスなどと合わせたくなりますが、生育旺盛なためケンカしてしまうので基本的には単植や群植をお勧めします

テイカカズラの主な品種

斑入り品種が出回っています。同種の改良品種ながら、植栽用途が異なるハツユキカズラとゴシキカズラは下記仲間の花の項目のリンク参照


斑入り品種。成長が遅いため狭い場所には使い勝手が良いです

テイカカズラの個人的な印象

オススメ度:85%
丈夫なつる性植物。花がよく咲き、病害虫も少なく育てやすいのがうれしい。成長が早いので毎年剪定や誘引等の管理が必要です

コメント

  • 傷つけた時に出る白い樹液は有毒です

仲間の花

戻ります