本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ドウダンツツジ

戻ります

ドウダンツツジのデータ

花色:白
学名:Enkianthus perulatus
科名:ツツジ科
分類:落葉低木
原産地:日本
大きさ:背丈0.5〜2.5m、横幅0.3〜2.0cm、葉3〜5cm前後(互生)
主な見所:花(4月)、紅葉(晩秋)

ドウダンツツジの特徴

四季折々の魅力がある樹木です。春にスズランのような白い花を鈴なりにつけたかと思うと、明るい緑で小さな葉の新芽をだし、秋には真っ赤に紅葉します。3〜4cmほどの小型の葉と、枝分かれしやすい繊細な樹姿です。剪定に強くコンパクトにまとまるので狭い場所に植栽できます。ツツジ科ですが、もち病やグンバイムシなどの病害虫の発生はほとんどなく、とても丈夫な性質をもっています

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰でも育ちますが、紅葉も美しくならず花つきも悪くなります
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです。暖地でも綺麗に紅葉します
  • 成長速度:やや遅い 成長は遅めです
  • 移植:落葉期 細根が多く移植は楽です

ドウダンツツジの育て方

とても丈夫な花木で、常緑ツツジに比べ病害虫が少ないのがうれしい。日当たりのよい、肥沃で水はけのよい土の場所を好みます。半日陰でも育ちますが、紅葉の色がくすみがちで魅力を十分に引き出すことはできません

  • 管理:普段は特にすることはありません。刈り込みが必要なら適期に行います
  • 剪定花後すぐ(6月・9〜10月) 花が終わりかけたらすぐに刈り込めば、来年も花が期待できます。新梢が固まらない時期以外はいつでも刈り込めますが花芽を落とすことになります
  • 肥料:肥沃な土なら無理に与える必要はありません
  • 病害虫:ほとんど発生しませんが、日当たりや風通しが悪いと枝が枯れこみやすいです

ドウダンツツジのアレンジ

毎年四季の変化を楽しめます。和風の庭によく合いますが、洋風や自然風の庭でも楽しめます。葉が小さいので、観賞位置から近い玄関のそばや通路際に植えても重苦しくなりません。低めの生垣で使うこともあります

ドウダンツツジの主な品種

ほぼ普通種のみ出回っています。別種のサラサドウダンはよく似ていますが、やや暑さに弱いところがあり暖地で植栽されることは少ないです


サラサドウダンE. campanulatus
花は赤紫で花期がやや遅めです。高原などで見られますが、寒冷地では庭木にされます

その他の写真


花のアップ。花つきは良いですが派手さはありません


冬の生け垣の様子。生け垣で用いる場合は落葉樹であることを考慮しましょう

ドウダンツツジの個人的な印象

オススメ度:95%
四季の魅力があって家庭でも管理しやすく、しかも丈夫な優れた樹木です

コメント

  • よく植えられる花木ですが、自生地は限られ、野生で見られることはまれです

戻ります