本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シャクナゲ

戻ります

シャクナゲのデータ

花色:
学名:Rhododendron
漢字名:石楠花
科名:ツツジ科
分類:常緑低木
原産地:日本、北半球の寒〜亜熱帯原産(園芸品種)
大きさ:背丈0.3〜3.0m 横幅0.4〜2.5m 葉10〜18cm(互生)
主な見所:花(4〜6月)

シャクナゲの特徴

自然状態でも交雑種が多く、種類は多岐にわたります。園芸品種も様々なものがあり、最近ではアジア原産種の改良交雑品種(セイヨウシャクナゲ)がよく出回っています。ほとんどが半球状の大きな花序をつけます。花色は赤〜白、黄色です。葉は輪生しやや下垂します、葉形は広楕円形で肉厚、光沢があります。葉縁が裏がえったり、葉裏に毛が生える種もあります。粗めに枝分かれしてこんもり育ちますが、樹高の高くなる品種はやや間延びした印象になります。品種によって性質や株の大きさがかなり異なるので植栽場所や地域によって選別が必要です

  • 難易度: 環境に合えば比較的丈夫です
  • 日照量: 品種によりますが半日陰以上の日照を好みます
  • 水分量: 乾燥には少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 関東では問題ありません。寒冷地では保護が必要な品種もあります
  • 成長速度:やや遅い〜やや早い 品巣により成長速度はかなり違います
  • 移植:春・秋 移植はやや困難です。根鉢と植栽場所の土が異なる場合は根鉢の土を落としてから植えます。例えば粘土質の土に植えてあるものを砂質土に植え込むと、根が砂質土まで伸びず根づまりを起こします

シャクナゲの育て方

アズマシャクナゲなどの日本原産種や、それに近い品種は半日陰を好み暑さに弱く、アジア原産種に近い品種は比較的日当たりのよい場所を好み暑さにもやや強い傾向があります。ただ交雑が進んでいるので確認が必要です。肥沃で通気性のある、やや湿り気のある土に植えつけます。酸性用土を好むので事前に腐葉土やピートモスなどをよく混ぜ込むといいでしょう。通気性の改善も同時に出来ます。空気の乾燥に弱いので空っ風が吹きぬけるような場所はよくありません。耐暑性が弱いものが多いですが、品種を選び適地に植えれば暖地でも十分維持成長が可能です。移植の欄にもあるように植えつけ時は土壌をよく確認して植え込みます

  • 管理:樹形を維持するには毎年の芽かきをしてあげたいところです。特に大きくなりやすいアジア原産種の系統はしっかり行います
  • 肥料:冬に遅効性肥料を与え、花後に少なめに緩効性肥料を追肥します
  • 剪定5〜6月 萌芽力がないので剪定や刈り込みはせず、初夏に芽かきを行って樹形を維持します。中心の大きな芽を摘み取ります。枝の途中で切っても脇芽は出ません
  • 病害虫:かかる病害虫の種類がとても多いです。害虫はアブラムシ、ツツジグンバイムシ、ハマキムシ、ベニモンアオリンガ、カイガラムシ等が発生します。病気は斑点病、さび病、灰色かび病などです
    ※「シャクナゲは病害虫に弱い」というのが定説になっていますが、アジア原産種に近い品種は比較的強いと思います

シャクナゲのアレンジ

和風や洋風、自然風の庭のいずれにも合いますが、葉が大きくなり輪生という装飾的なつきかたをするので周りの植物と合うかどうか確かめます。根じめや樹木の寄せ植えなどに用いられています。大きくなる洋種は単植されることも多いです。大きめの木の東側に根じめとして植えるのが性質的にも、見た目的にも一番合っています。狭い庭では樹高があまり高くならない品種を選ぶとよいでしょう

シャクナゲの主な品種

日本原産種とその改良品種、外国産の品種が出回っていますが、性質は様々
下記は育てやすいものを抜粋しています

日本原産種
ヤクシマシャクナゲ(R. yakushimanum)
暖地向き。屋久島の特産種。矮性で葉縁がそり返ります。暑さに強く地植えもされます。交配親としても重要な存在。花弁は5枚。葉裏の毛は褐色で長く細かい
ホンシャクナゲ(R. japonoheptamerum)
中間地向き。ツクシシャクナゲの変種。日本の中部以西に自生しています。地植えされることも多い。花色は薄赤紫〜白。花弁は7枚。葉裏の毛は褐色で荒め
アズマシャクナゲ(R. degronianum)
中間地向き。ツクシシャクナゲの変種。日本の中部以東に自生しています。地植えされることも多い。花色は薄赤紫〜白。花弁は5枚。葉裏の毛は淡褐色で細かい


ツクシシャクナゲ(R. metternichii)
中間地向き。九州に自生しています。耐暑性があり地植えされることも多い。花色は薄赤紫〜白。花弁は7枚。葉裏の毛は褐色で密生します


ホソバシャクナゲ(R. makinoi)
中間地向き。愛知・静岡・長野の県境に自生しています。耐暑性があり地植えされることも多い。花色は明るい赤紫。花弁は5枚。名前の通りの細葉が特徴。葉裏の毛は暗褐色で密生します


アジア原産種の系統(セイヨウシャクナゲ)
「エレガンス」:大型種。赤紫花。耐暑性あり
「サッフォー」:白に赤紫のブロッチが入ります。耐暑性あり
「パープルスプレンダー」:紫花。耐暑性あり
「バルカン」:濃赤花。耐暑性あり


「太陽」
赤紫の大きな花が咲き、樹高も大きくなります。耐暑性が高く丈夫な品種のひとつです。狭い場所だと持て余し気味になるので、なるべく広い場所に植えましょう


「プレジデント・ルーズベルト」
白と赤紫の咲き分け。葉に入る中斑が特徴。耐暑性あり

その他の写真


花芽が丸っこいのに対し、葉芽は尖りぎみです(写真左が花芽、写真右が葉芽)。慣れれば見分けは簡単なので、剪定時は花芽を残すようにしましょう

シャクナゲの個人的な印象

オススメ度:80%
暑さや病害虫に弱いといわれていますが、暖地でも環境のよい場所さえ選べば丈夫に育ち、美しい花を毎年咲かせてくれます。個人的にはツツジよりも好きな花です。ただ、品種にもよりますが大きくなるものが多いので配植に注意

コメント

  • 関東以西では暑さに強い品種を選びます
  • 葉に毒があります。栽培上の大きな問題ありませんが、念のため注意しましょう
  • 確実ではありませんが、葉裏に毛が生えているのが日本原産種やその改良種、ほとんど無毛なのがセイヨウシャクナゲと判断すれば大きな間違いはないでしょう。ただ、外国産種も有毛のものがあったり、交雑種もあるので区別が曖昧なことは留意のこと
  • 園芸では、有鱗片種であるヒカゲツツジやゲンカイツツジは、無鱗片種のシャクナゲとは区別さツツジの仲間に入れられることが多いです。ただ、性質はツツジよりもシャクナゲに近いです

戻ります