本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ジューンベリー

戻ります

ジューンベリーのデータ

花色:ピンク白 実:
学名:Amelanchier
別名:アメリカザイフリボク
科名:バラ科
分類:落葉低木
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈1.2〜3.0m(8m) 横幅1.0〜2.0m(5m) 葉6〜10cm前後
主な見所:花(4〜5月)、実(6月)、紅葉(秋)

ジューンベリーの特徴

果樹ですが、庭木としても人気があります。春に咲く小さな花と、細めの枝に少しまばらな感じで、バラの小葉によく似た葉をつけます。すっきりした樹姿が好まれる理由でしょう。花も実も紅葉も楽しめるので、四季を通じて見所があります。初夏につける実は赤から黒紫に変化します。ザイフリボク属の似たような実をつけるものをまとめてジューンベリーと呼んでいるうえに、果樹として交配改良され様々な種があります。園芸ではやや矮性のものが好まれます。たまに病害虫が出るものの、実つきが良く成長も遅めで家庭園芸でも育てやすい果樹といえます

  • 難易度: 果樹の中ではかなり丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 乾燥にはやや弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです
  • 成長速度:普通 成長速度は普通ですが、枝が細く背丈が低いので管理はしやすいです
  • 移植:落葉期 移植は比較的容易です

ジューンベリーの育て方

丈夫な木です。手間はほとんどかかりません。日当たりと水はけのよい、肥沃な土の場所が適地です。用土の乾燥のしすぎはよくありません。酸性土を好むので、鉢植えならピートモスを3割程度用土に混ぜたり、地植えの場合はピートモスをマルチングに用いたりするとよいでしょう

  • 管理:害虫の駆除や、落葉期の剪定程度です。庭木として楽しむ分なら人工授粉の必要はないでしょう。鉢植えなら開花期だけ雨除けすると実つきが良くなります
  • 剪定落葉期 すっきりした姿を生かせるように冬に込み枝を切り取ります。先端を刈り込むと花芽を落とすので注意。一本立ちにしたい場合は株もと付近から出る枝を切り取ります
  • 肥料:たくさん実を収穫したいというわけでないのなら、落葉期に遅効性肥料を控えめに与えるだけで十分です
  • 病害虫:ハバチ類やイラガ等に葉が食われることがあります。テッポウムシの被害による木くずが出てないかも観察します。病気には強いですが、うどんこ病が発生することがあります
  • 収穫5〜6月 赤紫色に熟したら簡単に手で収穫できるようになります。日持ちが悪いので収穫してすぐの生食や、ジャムなどに向いています

ジューンベリーのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。地植えで育てるのが一般的ですが、単独で鉢植えや寄せ植えのセンタープランツとして用いることもできます。葉が少し大きめですが、密にはつかないので邪魔にならず見た目もまとまります。花や実、紅葉など四季の変化があり楽しめます

ジューンベリーの主な品種

果樹向きの様々な品種があります。園芸向きに改良された品種はそれほど多くありません


「バレリーナ」:樹高1m程度で実がなります。狭い場所やコンテナ栽培に向きます

「ラマルキー」:花つきがよく実もよく成ります
「ロビンヒル」:珍しい桃色花です

その他の写真


熟した実


紅葉も綺麗です

ジューンベリーの個人的な印象

オススメ度:80%
軽い樹姿と、四季を楽しめる樹木です

コメント

  • 他の樹木に比べて紅葉するのが早いです
  • 無農薬栽培も可能なのでホームフルーツに最適です

戻ります