本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サルココッカ


コンフサ


フミリス

戻ります

サルココッカのデータ

花色:白 葉色:
学名:Sarcococca
科名:ツゲ科
分類:常緑低木
原産地:東アジア
大きさ:背丈40〜80cm 横幅50〜100cm  葉4〜7cm前後(互生)
主な見所:花(3〜4月)、葉(周年)、香り(花)

サルココッカの特徴

サルココッカにはコンフサとフミリスが出回っていますが、少し姿や実の色が違うのみで性質はほとんど変わりません。丈夫な性質で日陰や病害虫に強いため人気のある低木です。主に地被用途に使われます。樹形は株立ち状になり、あまり背が高くなりません。春に咲く芳香のある小さな白花と秋に赤紫や黒実はをつけますが、普段はツヤのある葉を主に楽しみます。葉は先の尖った楕円形で濃緑、やや厚みがあって強い光沢をはなちます。とても使い勝手のよい樹木で、ビルの陰になる植え込みなど実用的な緑化にもよく用いられています

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰が適地ですが、日陰でも育ちます
  • 水分量: 乾燥には少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません
  • 成長速度:やや遅い 樹高が低いため、より遅く感じます
  • 移植:春・初夏・秋 移植はやや容易です

サルココッカの育て方

半日陰から日陰の場所に植えます。耐陰性が強いのでかなり暗い場所でも育ちます。土壌は肥よくで水はけ水もちのよい、あまり乾燥しない場所が適地です。丈夫で、ある程度の条件を与えてあげれば枯らすようなことは少ないでしょう

  • 管理:成長がやや遅く管理の手間は少ないです。普段は徒長枝を切る程度
  • 剪定初夏・秋 放任でも樹形はまとまりますが、萌芽力があるので刈り込みもできます。樹高を維持したい場合は新芽が固まる6月ごろか秋に刈り込みます。徒長枝を切る程度ならいつでも構いません
  • 肥料:土が肥沃なら与えなくても構いません。やせ地なら初春に遅効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

サルココッカのアレンジ

整形花壇や洋風の庭によく合います。和風の庭にも合わせられますが配植によっては違和感が出ることもあります。陰地の少し背の高めなグランドカバーや植え込み、中〜低木の根じめなどに向いています。濃緑の葉色ですが、強い光沢があるためそれほど暗い印象はありません

サルココッカの主な品種

コンフサとフミリスの2種類が出回っています

○コンフサ(S.confusa)
冒頭の写真参照。一番よく見かけるサルココッカ。矮性です


○フミリス(S.humili)
冒頭の写真参照。矮性で、コンフサに比べてやや早咲きで葉が少し細長いです

その他の写真


コンフサの花。小さくて地味な花ですが香りがあります


コンフサの実。秋〜冬につけます。秋の赤い実は冬には黒になります


こぼれダネから増えた株。適地なら簡単に増えます

サルココッカの個人的な印象

オススメ度:90%
日陰に強くてまとまりやすく、扱いやすい大きさ。意外とこんな樹木はないものです

コメント

  • 剪定など管理の手間をかけられない人に勧めたい低木のひとつです
  • 観葉植物として店頭に出回ることもあります

戻ります