本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

メギ

戻ります

メギのデータ

葉色:
学名:Berberis thunbergii
別名:コトリトマラズ、バーバリス、ベルベリス
科名:メギ科
分類:落葉低木
原産地:日本
大きさ:背丈0.3〜1.5m(2m)、横幅0.3〜1.0m、葉1〜3cm前後(互生)
主な見所:葉(春〜秋)、紅葉(晩秋)

メギの特徴

日本に自生する低木。メギの名は、枝を煎じて洗眼薬にしたことからきています。園芸では、基本種の緑葉はほとんど用いられず、赤紫や黄金葉などの美しい葉色を楽しむカラーリーフとして利用されています。樹高を抑えたドワーフタイプも人気です。
花は非常に小さい黄色花。春から初夏に咲きますが観賞価値は低いです。実は、秋に赤く熟しますが、こちらも小さく観賞価値はあまりありません。葉はへら形で、密につきます。晩秋には美しく紅葉します。葉色は緑葉のほかに赤褐色葉や黄金葉、斑入り葉などがあります。樹形は自然樹形だとアーチ状に広がり、枝には鋭いトゲがあります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 寒さには強いです
  • 成長速度:普通・遅い ドワーフタイプは成長が遅いです
  • 移植:落葉期 移植は普通〜やや容易です

メギの育て方

とても丈夫な樹木で、条件を満たせば剪定以外はほぼ放任で育ちます。日当たりと水はけの良い、やや乾燥した土の場所を好みますが、半日陰でも育ちます

  • 管理:剪定が必要なら適期に行います。それ以外はこれといった管理はありません
  • 剪定落葉期・新芽が固まらない時期以外 落葉期に半球状に刈り込むか、地際から枝透かしを行います。初夏は伸びすぎた部分を軽く剪定します。カラーリーフとして用いる場合、花や実を考慮せず剪定できるので、新芽が固まらない時期以外は適宜剪定できます
  • 肥料:肥沃な土なら肥料は無理に与える必要はありません
  • 病害虫:特に気になるものはありません

メギのアレンジ

洋風や和風、自然風いずれにも合いますが、派手な葉色の種は和風や自然風の庭には合いません。生垣や境裁、根じめのほか、花壇に植えてポイントとして用いるのもよいでしょう。特にドワーフタイプは使いやすく、大鉢の寄せ植えにも使えます。
個性的な姿ですが、葉が小さいため主張は強くなく、草花とよく調和します。黄金葉種と紫花、赤紫葉種と黄色花など、補色の組み合わせが定番です

メギの主な品種

葉色が美しい品種が多く出回っています。花や実を改良した品種はほとんどありません。
樹形は緩く横に広がるものがほとんどですが、立性や這い性の品種もあります


オーレア
黄金葉のポピュラーな種。美しい葉色です


ボナンザゴールド
緑黄葉種。ドワーフタイプでコンパクトに育ちます。オーレアよりも緑色が強いです


ローズグロウ
赤紫の葉にピンクの斑が入ります。斑は新芽ほど綺麗です。ポピュラーな種

その他の写真


メギの花のアップ。ピントが合わせづらいほど小さいです。花色も目立ちません


実のアップ。赤く熟します。花と同様に小さめで観賞価値は低いです


葉のアップ。束のように葉がつきます


トゲのアップ。サボテンのような鋭いトゲです。剪定作業の際は要注意


紅葉した様子。品種にもよりますが美しく色づきます


生垣に用いられている基本種の緑葉のメギ。丈夫で、刈り込みや病害虫に強く、鋭いトゲをもつなど生垣としての実用性は高いです。ただ、近年のメギ利用の主流は色鮮やかな改良品種たちで、生垣に用いられる例は少なくなっています

メギの個人的な印象

オススメ度:75%
丈夫な樹木で、病害虫の発生も少なめ。また、ドワーフタイプを選べば剪定回数も少なくて済み管理も容易です。枝のトゲが鋭いので、その点に留意しましょう。
特に、ドワーフタイプの黄金葉種は明るい葉色で利用価値大

コメント

  • 安価な、小さなポット苗でも販売されているので利用しやすいです
  • 別名の「コトリトマラズ」は枝の鋭いトゲから来ています。実際、トゲはかなり痛いです
  • メギにはベルベリン(メギ科の学名からきている)という抗菌・抗炎作用のある成分を含むそうで、経緯は不明ながら、生薬として実際に効き目があったことになります。先人の知恵ですね

戻ります