新・花と緑の詳しい図鑑

カイヅカイブキ

学名:Juniperus chinensis 'Kaizuka' 別名:カイズカイブキ
幹とスギ葉
カイヅカイブキの特徴
諸説がいくつかある園芸品種で、イブキ(ビャクシン)の園芸品種と言われていますが定かではありません。関西の方で植えられていたものが太平洋沿岸を中心に広がりました
樹形は円錐形でらせん状に旋回する特徴的な姿。葉は細かく柔らかい鮮緑色、花や実は目立たず観賞の対象にしません
近年、伸びすぎて手に負えないとのことで切られたり、植栽を敬遠される傾向にありますが、もともと適さない場所に植えることが原因で、使い方を誤らなければ実に貴重な樹木といえます
戻ります
カイヅカイブキのデータ
科名・分類 ヒノキ科  常緑小高木  園芸品種
大きさ 背丈1.8〜4.0m(4.0〜10m)  横幅0.5〜3.5m(3.5〜6m)
葉0.2cm前後(ひとつの葉)
主な見所 葉(周年) 樹形(周年)
難易度 :とても丈夫です
日照 :必ず日向で育てます。半日陰以下では育ったとしてもよい結果になりません
:水はけのよい土を好み、乾燥にとても強いです
耐寒性 :関東地方では問題ありませんが、寒さにはそれほど強くないです
成長速度 やや遅い:成長は比較的ゆっくりですが、大きくなっても成長速度が落ちません
移植 ・初夏・秋:移植はやさしいです
カイヅカイブキの育て方と管理
日当たりと水はけのよい、やや乾燥した場所に植えます
強い日差しや乾燥に耐える丈夫さをもっていますが、逆に日当たりの悪い場所や肥沃な土だと徒長しやすく管理が煩雑になりがちです。また、日差しが他の樹木などに遮られると枯れやすいです
肥料過多の土では徒長枝が多く伸びて見苦しいので、やせ土に植えます
植え付け場所の条件を確認しつつ、合わなければ他の樹木を選択することも考慮しましょう
海風やアルカリ性土壌に強く、特殊な環境に強い樹木でもあります
管理 年に一度は剪定します。この手間を省くと後々影響があります。カイヅカイブキは成長はやや遅いですが大きくなっても成長速度が緩やかにならないので、毎年の管理が重要になります
肥料は余り必要としません。春に遅効性肥料を少量与える程度にとどめます。特に問題なく育ってるようなら無理に与えないほうがよいです
剪定 初夏・いつでも
刈込に強く、時期を選ばず適度に刈り込みします。時間があれば新芽が固まった頃の初夏に手で芽摘みをしたいですが、そこまでしなくてもよいでしょう
それよりも「何年か放置して急に一気に刈り込む」というやり方が一番良くないです
骨状の枝が露出する惨めな姿になってしまいます
病害虫 ほとんど発生しません
ただし、赤星病のことは留意のこと(下記参照)
カイヅカイブキのアレンジ・品種
生垣や、和風の庭の仕立物として使われています
ただし、一般的な肥沃な土の場所では上手に管理しないと年々大きくなり、生垣では幅も膨らみがちです。仕立物にするにしても剪定の腕が問われるので、自信がない場合は庭師に頼むか、植え付けはあきらめましょう。管理できず伸び放題のカイヅカイブキを見ることも多いからです
工場や公共施設では特徴的な自然樹形を生かした植栽が見られますが、一般家庭でも広い場所なら同じように楽しめます
他の植物が植えにくい強い乾燥地や海岸に近い場所などに植えられる貴重な樹木ともいえます。このような場所では成長が遅く管理も少なくてすみます
主な品種 これといった品種はないようです
カイヅカイブキの印象
オススメ度 70%
強い日差し&乾燥地だったり海岸地方では使い勝手のよい樹
他の樹木が枯れてもカイヅカイブキは耐えたりします
逆に、肥沃な土や半日陰の場所に植えると大抵失敗します
コメント 強く刈り込んだりするとチクチクするスギ葉が出てきます。スギ葉の方が性質が強いので、柔らかい葉に取って代わられる前に元から切り取ります。管理して発生させないようにするのがベストです。また幼木でも同じような針状の葉です
コメント2 ナシなどで発生する赤星病の中間宿主となります。ナシの産地では植栽が規制されていることもあるので自治体に確認のこと(例えば千葉県市川市など)
カイヅカイブキ自体には大きな影響はありません
コメント3 伸びすぎて刈り込んで骨状の枝が露出したり、切り倒すことが多い樹でもあります
植え付け場所の選定を行い、適さないなら別の樹種を選択したほういいでしょう
ただし、過度に嫌うものでもなく、ひどい乾燥地や海岸地方など、他の樹種が植えにくい場所で活躍する樹木です。植えてはいけないなんて言われますが、植えるほうが誤解していることの多い可愛そうな樹木です
コメント4 大阪の貝塚付近で作出されたためカイヅカと名がついたといわれています

戻ります

新・花と緑の詳しい図鑑