本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヒイラギナンテン


ヒイラギナンテン


ホソバヒイラギナンテン

戻ります

ヒイラギナンテンのデータ

花色: 葉色:
学名:Mahonia
科名:メギ科
分類:常緑低木
原産地:東アジア
大きさ:背丈0.5〜1.5m(1.0〜2.0m) 横幅0.5〜1.5m(1.0〜2.0m)
ヒイラギナンテン:小葉4〜10cm前後(互生)
ホソバヒイラギナンテン:小葉8〜15cm前後(互生)
主な見所:葉(周年)、花(3〜4月)※ホソバヒイラギナンテンは花(9〜11月)

ヒイラギナンテンの特徴

葉がヒイラギに似ていることからその名がつきました。ナンテンとは同じメギ科で、羽状複葉の互生する葉のつき方が似ていますが雰囲気は少し異なりこんもり育ちます。春に黄色の花、秋に黒紫の実をつけますがあまり観賞価値はありません。とても丈夫で生育条件の幅も広いため庭木や公共施設の植栽などによく用いられています。近縁種で、葉が細くて秋に開花するホソバヒイラギナンテンも同じように育てられます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 半日陰が適地ですが、日陰でも育ちます
  • 水分量: 乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません
  • 成長速度:やや遅 大きくならないうえに、それほど成長も早くないです
  • 移植:春・秋 細根が少なく移植はやや難しいです

ヒイラギナンテンの育て方

とても強健で極端な悪条件でない限りは育ちます。半日陰から日陰のやや湿めった肥沃な土の場所を好みますが、強い乾燥さえ避ければ日向でもやせ地でも育ちます。暑さにも強いです。ただ、日当たりがよすぎると葉色が薄くなりがちで観賞価値が落ちます

  • 管理:枝を整理したいときは春に行います
  • 剪定 自然風に仕立てるため刈り込みはしません。不要枝を切り取る程度です。成長は遅くよほど狭い場所に植えない限りは扱いに困るようなことはないでしょう
  • 肥料:土が肥沃なら無理に与える必要はありません
  • 病害虫:特に気になるものはありません

ヒイラギナンテンのアレンジ

ヒイラギナンテンは和風、洋風、自然風いずれにも合いますが、やや和の印象が強い樹といえるでしょう。半日陰の場所の植えつぶし、根じめ、境栽など様々な使い方が出来ます。鬼門除けとしてヒイラギの代わりに玄関に植えるのもよいと思います
ホソバヒイラギナンテンは樹木の個性はやや薄れますが、洋風や和風、自然風の庭いずれにも向いています。繊細な印象なので狭い場所でも暑苦しくなりにくいです

ヒイラギナンテンの主な品種

ヒイラギナンテンと、別種のホソバヒイラギナンテンが出回ります。改良品種もありますが店頭で目にする機会は少ないです

ヒイラギナンテン(Mahonia japonica)
古くから庭木として用いられてきました。ヒイラギの葉に似て葉の縁にとげがあります


「チャリティー」(Mahonia × media)
ヒイラギナンテンの交雑品種。3m程度と大きく育ち、花もよく目立ちます。開花期は春ではなく冬です。ヒイラギナンテンとは印象が異なり洋風の庭向きの樹木といえます


ホソバヒイラギナンテン(Mahonia fortunei)
近縁種ですが同じように育てられます。開花時期は9月以降になります。葉は名前のように細葉で柔らかく印象はだいぶ異なります。実はヒイラギナンテンと同じような黒紫ですが冬〜早春頃に成ります

その他の写真


ホソバヒイラギナンテンの木の切断面。まるでサツマイモのような黄色で鮮やかです


冬には紅葉します。日当たりのよい場所だと発色が良いです

ヒイラギナンテンの個人的な印象

オススメ度:75%
丈夫で、条件の悪い場所でも育ちとても便利な樹です。成長がやや遅くあまり大きくならないので管理の手間も少なくてすみます。ホソバヒイラギナンテンはさらに扱いやすいです

コメント

  • 実には白い粉がつきます
  • ヒイラギナンテンは学名にジャポニカとつきますが日本原産ではありません。ただ、各地で野生化した姿を見ることができるほど日本の環境に順化しています
  • 冬はやや紅葉します。綺麗に紅葉させるには日当たりが良いのが条件です。また霜の降りないような暖地では綺麗に紅葉しません

戻ります