本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ブラックベリー

戻ります

ブラックベリーのデータ

花色:白  実:
学名:Rubus fruticosusほか
科名:バラ科
分類:落葉低木
原産地:北アメリカ、ヨーロッパ
大きさ:背丈1.0〜1.5m(2m) 横幅0.5〜1m(1.5m) 葉4〜7cm前後(互生)
主な見所:花(5〜6月)、実(7〜8月)

ブラックベリーの特徴

つる性の丈夫な果樹。木立性になるラズベリーやブルーベリーと異なりネットなどにつるを誘引する手間はかかりますが、育てやすく無農薬栽培も可能で家庭園芸に向いています。狭義にはセイヨウヤブイチゴをブラックベリーと呼びますが、園芸では似ている種や交配種もひっくるめてブラックベリーと呼ばれることが多いです。花は一重の白花。実は黄緑色から赤色になり、その後に黒く熟します。葉は三出複葉で鋸歯が目立ちます。株はつる状に伸び、枝にはまばらに鋭いトゲがあります。トゲのない品種も出回ります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みますが、乾燥にも比較的強いです
  • 耐寒性: 寒さには強いですが、土が凍るような寒冷地では保護します
  • 成長速度:やや早い 成長はやや早いです
  • 移植:落葉期 移植はやや容易です

ブラックベリーの育て方

とても丈夫な果樹で、日当たりと水はけのよい場所に植えれば簡単に実を楽しめます。暑さに弱いラズベリーとは異なり、暑さにも乾燥にも強い性質で暖地向きです。寒さにやや弱いとされますが関東平野部程度の寒さなら問題なく冬を越します

  • 管理:放任すると他の植物や、お互いの枝同士で絡まるので枝が伸びたら適切に誘引します
  • 剪定落葉期 枯れた枝は季節を問わず根元から切り取ります。年数を経た枝も実つきが悪くなるので3〜4年目の枝は株元から切り取ります(実際には自然に古い枝は枯れてくるので年数を考えなくても分かります)。そのほかは長く伸びた邪魔な枝を切り詰める程度にします
  • 肥料:落葉期に寒肥を与え、収穫後にお礼肥として緩効性肥料を与えます。どちらも多肥の必要はありません。やせ地でもそれなりに実をつけてくれます
  • 収穫:黒く熟したらヘタの上で切り取って収穫します。生でも食べられますが酸っぱいため、ジャムやジュースにされることが多いです
  • 病害虫:アブラムシやハダニ程度です

ブラックベリーのアレンジ

洋風や自然風の庭に向きます。つるがよく伸びるため、単独で地植えや鉢植えにするのが一般的です。花壇のポイントにしてもよいですが誘引の手間はかかります。寄せ植えにはあまり用いられません

ブラックベリーの主な品種

トゲのない品種や大実品種などが出回ります。交雑種も出回り、つる性ではなく木立状になる品種や、実が黒くならず赤いまま熟す品種などがあります。このように交雑種の中には種の特徴が薄れているものもあるので確認しましょう。

その他の写真


花のアップ。比較的大きめの一重花

ブラックベリーの個人的な印象

オススメ度:80%
誘引以外は手間もかからず実を楽しめる、家庭園芸向きの果樹。暑さや乾燥に強く、暖地で育てやすいのも嬉しい

コメント

  • 暖地ではラズベリーよりもブラックベリーを選択したほうが無難でしょう
  • トゲはまばらにしかありませんが非常に鋭いので気を付けましょう。トゲのない品種も出回っています

戻ります