topページ新・花と緑の詳しい図鑑ハ行(3)春咲きの花(4)樹木(3)初心者向けの花(16)半日陰でも育つ花(7)ビバーナム

ビバーナム

花色
学名:Viburnum
ティヌス ティヌス2 
ダヴィディー カールセファーラム
戻ります
ビバーナムのデータ
科名・分類 スイカズラ科  常緑・落葉低木  東アジア、南ヨーロッパほか原産
大きさ 背丈60〜300cm  横幅50〜250cm
主な見所 花(4〜5月)
ビバーナムの特徴
ビバーナム(Viburnum)の種類は多岐にわたり、日本の山野にみられるガマズミ(V.dilatatum)やオオデマリ(V.plicatum)なども含まれますが、単にビバーナムと言った場合、ガーデニングではそれらを省いてティヌスやダヴィディー、カールセファーラム(香り大輪ガマズミ)などを指すことが多いです
3種とも、とても丈夫な種類で、管理次第ではコンパクトにまとまり、特にティヌスやダヴィディーは日照不足にも強いので、都会の狭い庭や北側の庭にも安心して植えられる花木です。実際、植木市場などではよく販売されています
しかし、なぜかよい和名や流通名が与えられておらず、それほど知名度がないのが残念です
難易度 :とても丈夫です
日照 :日向から半日陰を好みます
:適湿を好みますが、湿潤には比較的耐えます
耐寒性 :関東地方では屋外で冬越しします
成長速度 普通:成長は普通です。ダヴィディーは遅く感じます
移植 春・秋:移植は難しくありません
ビバーナムの育て方
丈夫なのでこれといって困ることはありません
日向から半日陰の肥沃で水はけのよい場所が適地ですが、ティヌスやダヴィディーは日陰でもなんとか花を咲かせてくれます
ティヌスやダヴィディーが枯れてしまうような環境なら植栽は難しいかも…というくらい丈夫です
管理 伸びすぎたら切り戻します
落葉期に遅効性肥料を与えます。肥沃な土ならあげなくても構いません
剪定 花後
花後すぐに剪定します
病害虫 ほとんど発生しません
ビバーナムのアレンジ
綺麗ですが派手ではない白花は和風にも洋風にも合います。丈夫で日向でも半日陰でも使えるので使い勝手も良好。やや大きくなるティヌスやカールセファーラムは樹木の寄せ植えに、小さな低木のダヴィディーは根じめに用います
主な品種 ティヌス(V tinus):南ヨーロッパ原産。常緑低木で大きくても2m程度。ピンクのつぼみから白い花が咲きます。秋には青紫の実がつきます
ダヴィディー(V davidii):東アジア原産。常緑低木で1m内外と、ティヌスよりかなり小さくまとまります。花は白、実は青紫でほかの2種よりもどちらも小さいです
どちらかといえば玄人向けで派手さはありません
カールセファーラム(別名:香り大輪ガマズミ 園芸種):落葉低木で、放任すれば3m程度とやや大きくなります。ピンクのつぼみから白花が咲きます。花は大きくオオデマリなみによく目立ちます

ほかにもいくつか種類や園芸種が出回りますが、育てたことはありません
オススメ度 80%
名前は知られてないけど、よく売られています
ティヌスはとくにおすすめ

戻ります

花と緑の図鑑&庭づくり-Garden Vision