本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アベリア

戻ります

アベリアのデータ

花色:  葉色:斑入り
学名:Abelia X grandiflora
別名:ハナゾノツクバネウツギ
科名:スイカズラ科
分類:落葉〜半常緑低木
原産地:園芸品種
大きさ:背丈1.0〜1.5m 横幅1.0〜1.5m 葉2〜4cm前後(対生)
主な見所:花(6〜11月)

アベリアの特徴

いくつかのアベリア属の交配から生まれた花木で、初夏から秋までの長期間にわたり白や薄ピンクの小さな花を咲かせます。枝先に咲く花は漏斗形で房状に咲かせます。葉は小さめの緑色で、斑入りや黄金葉の改良種もあります。寒冷地ではほぼ落葉しますが、暖地では葉をかなり残して越冬します。とにかく丈夫な花木で、刈り込みにも強く公共施設の生垣によく用いられています

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向を好みますが、明るい半日陰でも育てられます
  • 水分量: 適湿を好みますが、乾燥にもよく耐えます
  • 耐寒性: 耐寒性はありますが、東京付近では半落葉になります
  • 成長速度:早い 成長が早く枝が暴れやすいです
  • 移植:春・秋 移植は容易です

アベリアの育て方

とても丈夫な花木で剪定以外は放任で育つほどです。日当たりのよい場所を好みます。明るい半日陰でも育ちますが花つきが減ったり徒長しやすいです。比較的乾燥に強く、やせ地でも問題なく育ちます。むしろ肥沃な土だと枝が暴れやすくなり管理が煩雑になります

  • 管理:生垣の場合はある程度花つきを犠牲にして刈り込みします。放任すると徒長枝が縦横に伸びて見苦しくなります
  • 剪定いつでも・花後 厳冬期を除いていつでも刈り込みができますが、新しい枝に花つけるので刈り込みすぎると花が楽しめません。花が目当ての場合は普段は徒長枝を切る程度とし、花が終わった晩秋(10〜11月)に刈り込めばよいでしょう。茂りすぎた場合は古い枝を株元から間引きます。株が大きくなりすぎた場合は、冬に株元から枝をすべて切って更新します
  • 肥料:春に遅効性肥料を控えめに与えます。肥沃な土なら無理に与えなくてよいです
  • 病害虫:特に気になるものはありません 。夏は花蜜を求めて虫がきやすいです

アベリアのアレンジ

洋風の庭に向きますが、株が暴れやすいのでしっかり管理します。庭木として自然樹形で用いる場合は株間に余裕をみておきます

アベリアの主な品種

ピンクの花が咲く品種と、斑入り葉の品種が出回ります。斑入りの品種は綺麗ですが花つきがやや悪く、丈夫さでも緑葉の品種に劣ります


「エードワード・ゴーチャ」
ピンク花の品種。性質は白花種とほとんど変わりません


「ホープレイズ」
ポピュラーな斑入り品種で黄色〜白の覆輪の斑が綺麗。斑入り品種の中では丈夫なもののひとつです

アベリアの個人的な印象

オススメ度:70%
株が暴れやすいので狭い庭では持て余すかも知れませんが、丈夫さは特筆もの。広い庭では自然樹形で使ってみるのも楽しいでしょう

コメント

  • 挿し木が容易にでき簡単に増やせます
  • 交配の結果とのことですが、なぜここまで丈夫な花木になったのか興味がわきます。緑葉種のアベリアの枯れるような環境では植栽は難しいといえるほど丈夫です
  • 暴れ放題の株を見かけることがありますが、初夏・秋にきちんと刈り込んで管理すれば美しい姿を維持できます

戻ります