本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

テーブルヤシ

戻ります

テーブルヤシのデータ

葉色:緑
学名:Chamaedorea elegans
科名:ヤシ科
分類:常緑低木
原産地:中央アメリカ
大きさ:背丈15〜50cm 横幅15〜60cm
主な見所:葉(周年)

テーブルヤシの特徴

熱帯雨林の林床で自生している陰性のヤシ。葉は濃緑の小さめの羽状葉で、それらが立ち上がって株立ち状になります。「テーブル」の名の通り、株が小さいうちは葉も小さく扱いやすいですが、大きくなるとボリュームも出てとても立派になります。耐陰性が非常に強く、蛍光灯下でも維持できるほどです。また、水にも強く、テラリウムやハイドロカルチャーでよく用いられています

  • 難易度: ヤシ類の中では珍しく室内栽培に向いています
  • 日照量: 直射光は葉を傷めます。明るい日陰でも十分育ちます
  • 水分量: 乾燥に弱く、湿度が多い環境を好みます
  • 耐寒性: 室内で冬越ししますが寒さには強い。3℃程度必要です

テーブルヤシの育て方

耐陰性があり室内栽培でも無理なく育ち、日陰でも緩やかながら成長していきます。逆に、直射光は葉焼けするので避けます。水を好み乾燥は大の苦手です。土が常に湿っているくらいでも大丈夫で、抽水栽培も可能です

  • 管理:あまりすることはありません。枯れた葉は根元から切り取ります。時々、葉のほこりを取るために上からジョウロで水をかけてやるとよいです
  • 肥料:あまり必要としません。葉面散布肥料を葉水代わりに、思いついたとき与える程度で十分です
  • 冬越し:土は少し乾かしぎみにしますが、霧吹きは続けます。水栽培のものは水を抜かずに育てたほうが結果がよいです
  • 病害虫:ほとんど発生しません。水切れと湿度不足に注意

テーブルヤシのアレンジ

室内の観葉植物として用います。大き目のものを単植しても、性質が似ているものと寄せ植えしてもよいです。成長が遅く他の植物を邪魔することは少ないです。晩秋までは、ジメジメした日陰の庭の植栽にも向いています

テーブルヤシの主な品種

品種名つきのものはほとんど見かけません

テーブルヤシの個人的な印象

オススメ度:99%
文句のないほど丈夫で、成長が遅く、株の姿も美しいです。耐陰性が強く室内でも無理なく育てられるのも大きな魅力

戻ります