本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シンゴニュウム

戻ります

シンゴニュウムのデータ

葉色:斑入り
学名:Syngonium
別名:シンゴニューム、シンゴニウム
科名:サトイモ科
分類:常緑多年草
原産地:中央・南アメリカ
大きさ:背丈20〜40cm 横幅20〜35cm以上(つる性)
主な見所:葉(周年)

シンゴニュウムの特徴

若葉マークのような形の葉に様々な斑が入りとても涼しげです。葉色は白が多めのものと緑が多めのものがあります。小さいうちは株立ちのような姿をしていますが、株が大きくなるにつれて葉も大きくなりツルが伸びるようになります。園芸ではツルを切ったりして人為的に株立ち姿のまま維持することが多いです。性質が弱そうに見えますが比較的丈夫な観葉植物です

  • 難易度: 比較的丈夫です
  • 日照量: 半日陰を好みますが、明るい日陰でも育ちます
  • 水分量: 湿気の多い環境を好みます
  • 耐寒性: 室内で冬越しします。7〜8℃程度までは耐えます

シンゴニュウムの育て方

半日陰で空中湿度の多い環境が適しています。日陰でも育ちますが、あまりに暗い場所だと徒長して見栄えが悪くなります。乾燥が苦手で水を好むので水切れさせないようにしましょう。初夏から秋までは日本の気候によく合うので日陰の花壇に地植えすることも可能です。肥料を与えすぎると葉が大きくなり草姿が乱れます

  • 管理:伸びすぎたら株分けして更新します。室内で育てる場合は霧吹きなどで空中湿度を高めます。葉にホコリがたまりやすいので時々外に出して葉水をかけてあげましょう
  • 肥料:葉面散布肥料を時たま与える程度で十分です
  • 冬越し:やや乾かしぎみにしますが、霧吹きは続けます
  • 病害虫:まれにハダニが発生することがありますが、あまり悩まされません

シンゴニュウムのアレンジ

横に広がりやすいので通常は鉢植えに単植します。庭植えにカラーリーフとして用いるのもよいのですが日差しの強い場所や乾燥しやすい場所は避けます。葉を上に出しての抽水栽培にも向きます。ツルが伸びたら切らずに吊り鉢やヘゴ仕立てにするのもよいです

シンゴニュウムの主な品種

斑の入り方の違いでいくつか品種が出回っています


「ホワイトバタフライ」
葉の白が目立つ美しい有名品種。店頭に出回る量も多いです


「フレッシュマーブル」
大理石のように不規則に斑が入るやや珍しい品種


「ピクシー」
緑の葉の中央部に白斑が入り、比較的小型にまとまります。比較的ポピュラーな品種

シンゴニュウムの個人的な印象

オススメ度:65%
涼しげな姿が魅力的。間延びしない程度の明るい場所に置きましょう

コメント

  • 小さいうちは株立ち状ですが徐々に株や葉が大きくなります。品種によりますが葉は大きくなると50cm近くになり、そのような姿は植物園の温室で観賞できます

戻ります