本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

カラジウム

戻ります

カラジウムのデータ

葉色:赤赤紫白斑入り
学名:Caladium
別名:カラジューム、ヒメカラジウム
科名:サトイモ科
分類:春植え球根扱い
原産地:南アメリカ原産
大きさ:背丈10〜50cm 横幅15〜50cm
主な見所:葉(初夏〜秋)

カラジウムの特徴

塊茎から長い葉柄を出し幅が広い色鮮やかな葉をつけます。葉がサトイモ状のビコロル系と、葉が三角形のションバーキー系に大きく分かれますが、現在は両者が交雑されて区別は曖昧です。小型種で、寄せ植えや寄せ鉢用のヒメカラジウムと呼ばれるフンボルティー系の品種も人気があります。寒くなったら塊茎を掘り出せばよいので屋外でも使いやすい観葉植物です

  • 難易度: 丈夫です
  • 日照量: あまり暗いとよくありません
  • 水分量: 湿気の多い環境を好みます
  • 耐寒性: 10℃以上は必要です。葉がないぶん管理は楽です

カラジウムの育て方

短時間日が当たる、乾燥しない場所が適地です。真夏はある程度遮光しないと葉焼けをおこして見苦しくなってしまいます。一方で室内の暗い場所では徒長してしまいます。晩秋のころ自然に葉が枯れたら、水を切って暖かい場所で保管すると来年も芽を出します。花壇植えの場合は塊茎を掘り上げて冬越しします。冬越しした塊茎は十分暖かくなった5月以降にいったんバーミキュライトなどに植えて芽出しさせた後(1か月程度)、花壇や鉢に定植します

  • 管理:放任でかまいませんが枯れた葉は随時元から切り取ります。高性種は強風で茎が倒れやすいので注意
  • 肥料:たまに与える元肥のみで十分ですが、生育が悪い場合は液肥を与えます
  • 冬越し:土を乾かして枯れた葉を切り取り、塊茎を堀あげた後、ビニール袋にパーミュキュライトとともに入れて気温の変化が少ない10℃程度の場所で保管します。あるいは乾かした後、堀り上げずに鉢ごと暖かい場所で保護します
  • 病害虫:ハダニやコナジラミが発生することがありますが、少なめです

カラジウムのアレンジ

鉢植えで単植しても美しいですが、庭植えや寄せ植えの素材としても使えます。フルボルティー系などの矮性種は小鉢に単植するほか、似た性質の植物との寄せ植えにも使えます。インパチェンスのような熱帯の雰囲気をもつ花との相性はとてもよいです

カラジウムの主な品種

下記の三種が出回りますがビコロル系とションバーキー系は交雑種もあります
ビコロル系(C.bicolor):葉がサトイモ型です
ションバーキー系:葉が三角形に近く、葉先が尖ります
フンボルティー系(C.humboldtii):10〜15cmの小型種です


「ヒメカラジウム」
フンボルティー系の小型種を総称してこう呼んでいます

カラジウムの個人的な印象

オススメ度:60%
高温多湿を好み、多少の日差しにも耐えてくれますから夏花壇にも使いやすいです

戻ります