本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

アスパラガス

戻ります

アスパラガスのデータ

葉色:緑ライムグリーン
学名:Asparagus
科名:キジカクシ科
分類:常緑多年
原産地:アフリカ・ヨーロッパ・西アジア
大きさ:背丈15〜30cm 横幅20〜200cm(以上)※ほふく〜つる性
主な見所:葉(周年)

アスパラガスの特徴

食用とされるアスパラガスと同属で様々な種類がありますが、園芸では南アフリカ原産のセタケウスの改良品種の「ナナス」や、デンシフロルスの改良品種の「スプレンゲリ」がよく利用されています。いずれも枝が変化した仮葉の密生した繊細な姿をしています。株は小さいうちはロゼット状の姿ですが、大きくなるとほふく状やつる状になります。根が多肉質なので乾燥に比較的強いです。仮葉の形がはっきりしているアスパラゴイデス(スマイラックス)もたまに見かけます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所から半日陰を好みます
  • 水分量: 乾燥には強い植物です
  • 耐寒性: 0℃程度で冬越しします。暖地では屋外で冬を越せることもあります

アスパラガスの育て方

とても丈夫な観葉植物です。日当たりのよい場所から半日陰に置きます。半日程度日が当たるようにすれば株が締まってよく育ちます。暗い場所だと徒長しやすいです。真夏は強光線を避け半日陰に移動します。土は適湿を好みますが、根が多肉質なので乾燥にも強いです

  • 管理:とくに管理はありません。つるは誘引するか、垂れ下がるように育てます
  • 肥料:生育期に控えめに緩効性肥料を与えます
  • 冬越し:寒さに強く、乾燥気味にすればそれほど難しくありません
  • 病害虫:ハダニが出ることもありますが頻度は少ないです

アスパラガスのアレンジ

単独で楽しむほか、観葉植物の寄せ鉢に合います。大型の観葉植物の添え物に使うと、葉の大小を強調できます。雰囲気の似ているシダ植物ともよく合います。テラリウムにも使えますが、水滴がつくと葉が垂れ下がってしまいます

アスパラガスの主な品種

セタケウス(A.setaceus)や、デンシフロルス(A.densiflorus)の改良品種がよく出回っています。アスパラゴイデス(A.asparagoides、別名:スマイラックス)も比較的ポピュラーです


「ナナス」
セタケウスの改良品種。繊細な姿ですが性質は丈夫です。大きさはコンパクトにまとまります。新芽は明るい葉色ですが、古葉になると青緑といえるような色に変化します



「スプレンゲリ」
デンシフロルスの改良品種。つるがよく伸び、1m程度になります。斑入り品種もあります

その他の写真


「スプレンゲリ」の実

アスパラガスの個人的な印象

オススメ度:80%
シダ植物のような繊細な姿が魅力。性質もすこぶる丈夫です

コメント

  • 多少の水切れや多湿でも枯れることなく育ちます。オリヅルランとともに水やりの管理に慣れない初心者に向いている観賞植物だと思います

戻ります