本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヤブラン

戻ります

ヤブランのデータ

花色:ピンク紫  葉色:
学名:Liriope
別名:リリオペ
科名:ユリ科
分類:常緑多年草
原産地:日本・東アジア原産
大きさ:背丈30〜40cm 横幅30〜50cm
主な見所:花(8〜9月)、葉(周年)

ヤブランの特徴

和風庭園などの下草によく用いられている丈夫な花。晩夏に穂状の花を咲かせます。紫花が普通ですが、桃色や白色もあります。固めの葉はすっと伸びこんもりまとまります。緑葉は落ちついた和の雰囲気を持っていますが斑入り葉種は明るい印象です。晩秋には黒い実をつけます。日陰・日向、湿潤・乾燥いずれにも強く使い勝手がよいです。ほふくして伸びないので、あちこちに広がって困るということがないのも大きな魅力です

  • 難易度: 日本にも自生しており、とにかく丈夫です
  • 日照量: 半日陰が一番向いていますが、広い幅をもってます
  • 水分量: 乾燥にも強いのですが、湿めった土のほうが生育はよいです
  • 耐寒性: 南関東以南の寒さであれば問題ありません

ヤブランの育て方

丈夫で、条件にあまりこだわりがないので手間がかかりません。やや湿った環境を好みますが、根が多肉質で乾燥にも比較的強いです。日当たりのよいほうが花の上がりが多いですが、半日陰のほうが葉が美しくなり雰囲気もでます。日陰でも枯れることなく育ちます

  • 管理:放任でかまいませんが、春に古い葉を元から切り取るとスッキリします。株が込んできたら株分けをします
  • 肥料:肥沃な土なら特に必要ありません
  • 病害虫:ほとんど発生しませんが、ハモグリバエだけが厄介で葉を元から切り取ります。葉が黄色く錆びたようになったら病斑の出た葉を元から切り取ります

ヤブランのアレンジ

庭植え向きで寄せ植えではほとんど用いられません。和風や自然風の庭のシェードガーデンに似合います。日向においても濃い緑葉の魅力が出ないので半日陰〜日陰で使ったほうがよいでしょう。斑入り葉は日の当たる場所でも映えます。また洋風の庭に用いるなら斑入り葉を使うと違和感がありません。毎年古い葉を更新させればあまり広がらないので、ガーデンレイアウトを維持できて重宝します。道の縁に列植されているのをよく見かけますが、根じめのような使い方のほうが自然に見えます

ヤブランの主な品種

斑入りの品種は流通量が多く店頭でもよく見かけます。桃・白など変わった花色がありますが流通量は少なく通信販売などで求めるのが早いです

その他の写真


黒く熟したヤブランの実

ヤブランの個人的な印象

オススメ度:85%
和の印象が強い花ですが、斑入り葉を使えば洋風の庭でも使えます。とても丈夫で、他の植物の植栽が難しい場所でも挑戦してみる価値はあります

戻ります