本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

デルフィニウム

戻ります

デルフィニウムのデータ

花色:白
学名:Delphinium
別名:デルフィニューム
科名:キンポウゲ科
分類:常緑多年草(秋・春まき1〜2年草扱い)
原産地:北半球各地
大きさ:背丈50〜120cm 横幅30〜50cm
主な見所:花(4〜7月)

デルフィニウムの特徴

オオバナヒエンソウなど様々な種を改良・交配した品種が出回っています。昔は切花程度でしか出回っていませんでしたが、イングリッシュガーデンの人気と、それによる苗の流通により一気に園芸でもポピュラーになりました。花は花茎が長く伸び穂状に中〜小型の花がつきます。花色が豊富で青紫や紫など濃い色から淡い青や薄紫、白などがそろいます。花弁に見える部分はガクで花は中央の白い部分です。葉の形は手のひら状で、切り込みの深いものと浅いものがあります。株は品種によって高性種や矮性種、よく分枝するものなど様々です。美しい花を咲かせますが、残念ながら夏の暑さに弱く暖地では一年草扱いされることが多いです

  • 難易度: 初夏までは難しくないですが夏越しは厳しいです
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます。真夏は遮光します
  • 水分量: 過湿には弱いところがあります
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

デルフィニウムの育て方

日当たりと水はけ、風通しのよい場所に植えつけます。苗からなら適地に植え付けできれば、暑くなるまではそれほど難易度は高くありません。夏越しする場合は風通しのよい涼しい場所で乗り切ります。とはいえ南関東以西の暖地での夏越しは非常に難しく、一年草として割り切るのも仕方ありません。また、タネから育てるのもやや難易度が高く、秋に大きな苗を買って植えるのが初心者向きです

  • 管理:終わった花は摘み取り、花茎の大部分の花が終わったら花茎ごと切ります。充実した株なら2番花が咲くこともあります
  • 肥料:定植時と春に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:アブラムシなどが発生します
  • タネから

    発芽率は悪いです。育苗はそれほど難しくはありませんが、秋まきにして初夏に咲かせるには十分な肥培が必要になるので難易度は高めです。またタネ袋の説明にあるような春まき初夏開花は基本的にはできないと考えた方が無難だと思います

デルフィニウムのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。美しく豪華な花なので主役として使えます。ボーダーガーデンに使うと高低差が表現できます。濃い色と淡い花色では印象がだいぶ異なるので、それぞれ合わせる花を変えてみるのも楽しいです。高性種は地植えのほうがいいですが矮性種は寄せ植えにも使えます
雨にあたらなければ花もちがよく切花にも重宝します

デルフィニウムの主な品種

交配種が複雑に入り混じっており同定がかなり難しくなってきています。基本的な性質はあまり変わらないので栽培上の問題は少ないです

オオバナヒエンソウ系(D.grandiflorum 及びその交雑品種)
高性種で大型の花穂が特徴。よく見る一般的なデルフィニュウムです

「パシフィックジャイアント」:高性種の代表的な品種。花穂が豪華です


ベラドンナ系(D.elatum等の交雑品種)
よく分枝してスプレー咲きになります。背丈は中型のものが多いです


シネンシス系(D.chinensis)
スプレー咲きになる種でやや矮性のものが多いです。花の咲き方がシンプルな一重花になり爽やかな印象。葉の切れ込みが深いのが特徴です

デルフィニウムの個人的な印象

オススメ度:75%
とても美しい花ですが、タネからだと難易度は高めで、暖地の夏越しも言われているとおり難しいです。ただ、他の花では代替できない魅力があります

コメント

  • 暖地で宿根草として使えないのは残念。初夏までの花と割り切るにしても、タネから育てるのも難しく、苗の価格が高いのも難点です。気軽に使うというわけにはいきません

仲間の花

戻ります