本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

セイロンライティア

戻ります

セイロンライティアのデータ

花色:白
学名:Wrightia antidysenterica
科名:キョウチクトウ科
分類:常緑低木
原産地:スリランカ原産
大きさ:背丈30〜200cm 横幅30〜150cm
主な見所:花(6〜11月)

セイロンライティアの特徴

本来は2m程度になる花木ですが、鉢植えで2〜30cm程度の大きさのものをよく見かけます。純白のかわいい白い花を枝先に数輪咲かせます。深緑色の葉は固めの印象でしっかりしています。株は自然に枝分かれするので管理も楽です。初夏に苗がよく出回り、寄せ植えや花壇の材料として用いられるようになりました

  • 難易度: 暖かい季節はとても丈夫ですが、乾かしすぎには注意
  • 日照量: 日向を好みますが、薄日が当たる環境なら花を咲かせます
  • 水分量: 乾燥に弱いです
  • 耐寒性: 室内で冬越しします

セイロンライティアの育て方

日当たりの良い場所を好みます。鉢植えの場合、真夏は半日陰に移動した方がよいです。熱帯原産なので高温多湿に強いですが、乾燥は苦手です。耐寒性はないので、冬越しは室内に入れるか一年草扱いにします

  • 管理:花が終わりかけたら、枝を切り戻します
  • 肥料:暖かい時期は肥料切れしないように元肥と追肥、液肥を併用します
  • 病害虫:これといった害はありません

セイロンライティアのアレンジ

洋風の庭に合います。以前は、ほとんど鉢植えで育てられていましたが、最近は苗が出回るので寄せ植えにも用いられるようになりました。一年草扱いにすれば夏花壇にも活躍できます。葉の印象が硬めで熱帯植物の雰囲気が強いので、同じような夏向きの花と合わせるとよいでしょう

セイロンライティアの主な品種

これといった品種はないようです

セイロンライティアの個人的な印象

オススメ度:80%
暑い時期に清楚な白い花を咲かせてくれます。丈夫な花木で、乾燥に気をつければ楽に育てられるのも嬉しいです

戻ります