本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

スイセンノウ

戻ります

スイセンノウのデータ

花色:ピンク白
学名:Lychnis coronaria
別名:フランネルソウ
科名:ナデシコ科
分類:常緑多年草(秋まき一年草扱い)
原産地:南ヨーロッパ
大きさ:背丈50〜70cm 横幅20〜25cm
主な見所:花(6〜8月)

スイセンノウの特徴

ビロードのような白い毛の生えた株と、小さいけれど目立つ整った花が魅力的です。花は花茎を分枝させその頂部に咲かせます。一重で花つきもよいです。葉色や茎が銀色で細かい毛が生えています。株はロゼット状ですが開花時は長い花茎を伸ばします。タネから育てる場合、開花には低温に合わせる必要があるので秋まきにします。高温多湿には弱いもののこぼれダネでも増える丈夫な花です

  • 難易度: 丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日程度の日差しでも花は咲きます
  • 水分量: ジメジメした環境は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

スイセンノウの育て方

日当たりと水はけのよい、やや乾燥しやすい場所に植えます。上記の条件を満たせば放任でも育つほど丈夫な花ですが、ジメジメした環境は苦手です。適地ならこぼれダネでも増えます

  • 管理:普段は花がらを摘む程度。植え替えの適期は秋。株が大きくなったら株分けもできます。適期は同じく秋です
  • 肥料:緩効性肥料を控えめに与える程度で十分です
  • 病害虫:ほとんど発生しません

スイセンノウのアレンジ

洋風の庭やボーダーガーデンに向いています。花は目立つので自然風の庭で多めに植えると違和感があります。その場合はポイント的に用います。シルバーの葉色を生かすよりも美しい花を生かした方が良いように思います

スイセンノウの主な品種

花色違いが出回る程度です。八重咲きもありますが一般的ではありません


八重咲き種。店頭で出回る量は多くありません

その他の写真


花のアップ。咲き進むと花びらの先がやや垂れ気味になります


ロゼット時の姿。ここから長い花茎を伸ばして花を咲かせます

スイセンノウの個人的な印象

オススメ度:75%
適した場所なら丈夫に育つので、植栽場所の選定が大事。環境が合えばシルバーの葉色も、整った花も楽しめます

コメント

  • 条件が悪いと一年草扱いされますが、条件が良ければ多年草として楽しめます

戻ります