本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ソラナム・ラントネッティー

戻ります

ソラナム・ラントネッティーのデータ

花色:
学名:Lycianthes rantonnetii(Solanum rantonnetii)
科名:ナス科
分類:常緑低木
原産地:南アメリカ
大きさ:背丈20〜200cm 横幅25〜200cm
主な見所:花(5〜11月)※温度を保てば四季咲き

ソラナム・ラントネッティーーの特徴

以前はソラナムの仲間とされていましたが、現在はリシアンサスの仲間に変更されています。ただ、園芸でこの呼び名は広まっておらず、ソラナム・ラントネッティーと呼ばれることが多いです。小さな青紫の花をたくさん咲かせます。温度さえあればほぼ四季咲きです。葉は小さく濃緑ですが、明るい葉色の斑入り種もよく出回っています。株は大きくなると2mくらいになり横によく広がります。家庭園芸では管理のために50cm程度の背丈にとどめる場合が多いです

  • 難易度: 暖かい時期は丈夫ですが、やや寒さに弱いです
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます。半日陰でも育ちますが花つきが悪くなります
  • 水分量: 適湿を好み、過度の乾燥には弱いところがあります
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では屋外で冬越しできる場合もあります。緑葉で、ある程度株が大きければ冬越しできる可能性が高いようです

ソラナム・ラントネッティーの育て方

強健なので半日陰でも維持はできますが、花つきを良くしたければ日当たりのよい場所で育てます。水はけと水もちのよい土に植えればあとは放任で育ちます。ある程度充実してくれば屋外でも冬は越せますが、木質化してない小さめの苗だと耐寒性が弱く難しいです

  • 管理:花がらは摘み取ります
  • 肥料:春〜秋に緩効性肥料を控えめに与えます。多肥の必要はありません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ソラナム・ラントネッティーのアレンジ

洋風の庭に合います。地植えでの冬越しは難しいので普通は鉢植えで育てますが、1年限りと割り切るなら地植えも可能です。斑入り種は成長もそれほど早くないので寄せ植えに合います。緑葉種は大きくなると耐寒性が増し、南関東以西の暖地なら屋外でも冬を越せるようになるので、アーチやトレリス、スタンダード仕立てなどに用いるのもありだと思います

ソラナム・ラントネッティーの主な品種

緑葉の普通種のほかに、寄せ植え用に斑入り葉種がよく出回ります


斑入り葉種。店頭では緑葉種よりもこちらの方がよく販売されています

ソラナム・ラントネッティーの個人的な印象

オススメ度:60%
鉢植えで育てられることが多いですが、大きく育てることで魅力を発揮する花。暖かい時期は育てやすいですが、屋外での冬越しが難しいのが難点

コメント

  • 寄せ植え用なら斑入り種以外は利用価値は乏しいです。一方、将来の地植えを考えるなら、丈夫で耐寒性もある緑葉種の方がよいでしょう

戻ります