本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シレネ


ペンデュラ


ユニフローラ


ムシトリナデシコ

戻ります

シレネのデータ

花色:白
学名:Silene
別名:フクロナデシコ、ムシトリナデシコ
科名:ナデシコ科
分類:常緑多年草/秋まき一年草
原産地:ヨーロッパ
大きさ:背丈10〜50cm 横幅15〜30cm
主な見所:花(4〜7月)※種類によって多少異なります

シレネの特徴

シレネにはたくさんの品種があり、姿や性質も多少異なります。花の形はガクが丸くなるユニフローラと、サクラソウのような小花を咲かせるペンデュラやコロラタ、小花の集まった花序をつけるムシトリナデシコなど多岐にわたります。ユニフローラやペンデュラ、コロラタは葉が小さめで、株は背丈が低く横に広がるように伸びます。日本で野生化しているムシトリナデシコは高性で葉も大きめです。耐寒性は高いですが高温多湿に弱く、多年草種も暖地では夏に枯れやすいです

  • 難易度: 高温多湿に少し弱いですが丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、真夏は遮光します
  • 水分量: 乾燥気味の環境を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

シレネの育て方

日当たりのよい、やや乾燥気味でやせた土の場所で育てます。過湿にすると根ぐされをおこしやすいので、用土に砂を混ぜるなどして水はけをよくします。酸性土は苦手なので苦土石灰などで中和しておきます。総じて高温多湿には弱いので夏はなるべく涼しい場所に置きます

  • 管理:放任でかまいませんが、花がらはできれば摘み取ります
  • 肥料:元肥に長期間効く緩効性肥料、開花中は液肥を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません
  • タネから
    ムシトリナデシコの苗
    ペンデュラの苗
    タネは細かいので箱まきかポットまきにします。箱まきの1回目の移植は本葉2〜3枚のころ。本葉が5〜6枚になったら定植します。発芽、育苗ともに容易なほうです

シレネのアレンジ

洋風の庭に合います。ユニフローラやペンデュラなど背丈の低い品種は、小鉢に単植したり小さめの寄せ植えの前景に植えて花の形を楽しむのに向いています。コロラタはやや大きくなるので大鉢や地植え向き。印象はそれほどキツくなく、他の花とも合わせやすいです。乾燥したやせ地を好むので、地植えなら石垣の上などが適地です。高性のムシトリナデシコは自然風の庭にも合います。草姿が安定しずらいので整形花壇には合いません

シレネの主な品種

様々な種類や品種が出回っています

ユニフローラ(S.uniflora)
多年草。花の開いた後にガク部分が不思議なほど大きくなってふっくらします。ピンク花と白花があり斑入り種もよく出回ります


ユニフローラの斑入り品種


ペンデュラ(S.pendula)
秋まき一年草。小花が咲く種で花つきがよいです


「ピンククラウド」
明るいピンク花をたくさん咲かせます。それほど大きくなりません



ムシトリナデシコ(S.armeria)
秋まき一年草。初夏に赤紫〜ピンク、白の小花をたくさんつけた花序をつけます。やや背丈が高くなり50cm前後まで伸びます。茎上部の葉の下にネバネバする部分があり虫が捕らえられることがあるのでこの名がついていますが、食虫植物ではありません。こぼれダネでも増える丈夫な花です



コロラタ(S.colorata)
秋まき一年草。春に花びらの切れ込みが深めのピンク花を咲かせます。横に広がりやすいので花畑のような使い方に向いていますが、花壇の前景向きの矮性種もあります

その他の写真


ワイルドフラワーのタネから咲いたシレネ。Silene × hampeanaぽいが品種不明。シレネの仲間は種類が多岐にわたるうえ、それぞれに品種もあるため同定は難しいです

シレネの個人的な印象

オススメ度:65%
様々な種類や品種があるので用途によって使い分けます

戻ります