本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

セイヨウウツボグサ

戻ります

セイヨウウツボグサのデータ

花色:紫
学名:Prunella
別名:セルフヒール
科名:シソ科
分類:常緑多年草
原産地:北半球各地
大きさ:背丈15〜30cm 横幅25〜50cm以上(ほふく性)
主な見所:花(6〜9月)※初夏が最盛期

セイヨウウツボグサの特徴

セイヨウウツボグサの名で出回るものは2種あり、花が小さめのセイヨウウツボグサと、花が大きめのタイリンウツボグサがあります。この2種は育て方が似ているため、店頭では特に区別されていないようです。一般的には後者が出回ることが多いですが、ハーブに強い店ではセイヨウウツボグサも普通に売られています。乾燥させた花を薬として使うハーブの一種ですが、花が美しいので花壇の素材として用いられています。花は穂状に赤紫の苞がつき、株はランナーで横に増えます。品種によってはピンクや白などの花色もあります

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

セイヨウウツボグサの育て方

とても丈夫で手間がかかりません。日当たりと水はけの良い場所で育てます。徐々に横に広がるので適度に間引いたり、株分けして大きさを維持します

  • 管理:終わった花は切り取ります。花がらを付けたままにしておくと花後に枯れやすいので注意。ランナーで増えるので株分けは簡単です。適期は春
  • 肥料:春と秋に控えめに緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:葉がバッタに食べられやすい

セイヨウウツボグサのアレンジ

洋風や和風、自然風の庭いずれにも合います。赤紫の花はどことなく和風の印象がありますが、ピンクや白を選べば洋風の庭にもよく合います。鉢植えでも育てられますが、横に広がりやすいので性質的に地植えに向いています。グランドカバーやボーダーガーデンの前景などに使いやすいです。もちろんハーブガーデンに用いるのもよいでしょう

セイヨウウツボグサの主な品種

通常出回るものは赤紫花ですが、ピンクや青紫、白など様々な花色の品種があります


セイヨウウツボグサ(P.vulgaris L. subsp. vulgaris)
タイリンウツボグサに比べ小振りな花。全体で見ると野性的な雰囲気があります



タイリンウツボグサ(P.grandiflora)
セイヨウウツボグサに比べ花が大きめ。花つきもよいので目立ちます

セイヨウウツボグサの個人的な印象

オススメ度:70%
丈夫でグランドカバーにピッタリです

コメント

  • 花後の花がら摘みは忘れずに行いたいです
  • 日本や東アジアに自生のあるウツボグサ(Prunella vulgaris L. subsp. asiatica)も山野草店などで出回ります

戻ります