本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シラー・ペルビアナ

戻ります

シラー・ペルビアナのデータ

花色:青紫白
学名:Scilla peruviana
科名:ユリ科
分類:秋植え球根
原産地:ヨーロッパ、北アフリカ
大きさ:背丈25〜50cm 横幅40〜50cm
主な見所:花(5月)

シラー・ペルビアナの特徴

やや大型の秋植え球根植物。星型の小花をたくさんつけた花序がよく目立ちます。花色はポピュラーな青紫のほか、白花もあります。葉はやや肉厚の幅広葉で長く伸びます。とても強健なので植え込みなどに何気なく咲いてることが多いです

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

シラー・ペルビアナの育て方

球根は10〜11月の間に植えつけます。植えつけ深さは地植えは球根2〜3個分、鉢植えは2cm程度に植えます。秋から春に日当たりがよく、水はけのよい土の場所を好みます。丈夫な性質をもち、数年は植えたままで構いません

  • 管理:枯れた花は摘み取ります。3〜4年に一度は掘り上げて植え替えますが、混みあってなければ無理にする必要はありません
  • 肥料:花後にカリ分の多い肥料を与えて肥培します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

シラー・ペルビアナのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。地植え向きの花で、花期が短く寄せ植えには向きません。斜面などに自然に点々と咲かせると風情があります。植えっぱなしにすると自然な雰囲気で増えるので、あまり植え替えしない場所で育てるとよいでしょう

シラー・ペルビアナの主な品種

花色違い程度です

シラー・ペルビアナの個人的な印象

オススメ度:65%
丈夫で花も美しいのですが、花期が短く花後にはだらしない葉があるだけの姿になります。花後、他の植物で上手に隠れるようにするとよいと思います

関連の花

戻ります