本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

サルビア・スプレンデス

戻ります

サルビア・スプレンデスのデータ

花色:赤ピンク青紫白
学名:Salvia splendens
科名:シソ科
分類:春まき一年草(扱い)・常緑多年草
原産地:南アメリカ
大きさ:背丈25〜50cm 横幅30〜60cm
主な見所:花(5〜12月)

サルビア・スプレンデスの特徴

たんにサルビアといえばスプレンデスの赤い花をさすほどポピュラーです。筒状のガクから花を伸ばします。花はすぐ終わってしまいますがガクは長く残ります。薄紫や桃色といった変わった花色もありますが、スプレンデスの魅力はやはり燃えるような赤花になるでしょう。葉も濃緑色なので赤花との対比はよく目立ちます。丈夫で、花期が長く花もちもよいので花壇にピッタリですが、全体的にちょっと大振りな感じで自然な感じはありません。そのため整形花壇によく用いられています。寒さに弱く一年草扱いするのが普通ですが、暖地では多年草として出回る寒さにやや強い品種もあります

  • 難易度: とても丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりを好みますが、半日陰でもなんとか育ちます
  • 水分量: 鉢植えは水切れに要注意
  • 耐寒性: 一般種は一年草扱いにします。バン・フューティーなどの寒さに強い品種は霜よけすれば暖地では屋外で冬を越すことも多いです

サルビア・スプレンデスの育て方

日当たりと、水はけ水もちのよい場所に植えれば、花がら摘み程度で手間はかかりません。半日陰でもそれなりに育ちますが徒長しやすく好ましくないです。葉が大きく蒸散が激しいので、とくに鉢植えの場合は水切れに注意します。生育初期に摘心を行って枝数を増やすとこんもりした姿になります

  • 管理:花がら摘みを行うと株を美しく保てます。切り戻しは7月いっぱいまでに行なうと秋に再び美しく咲きます
  • 肥料:肥料食いがよいので、元肥と液肥を併用して株の勢いを維持します
  • 病害虫:ハダニはやっかいです。葉裏に水をかけるなどして予防しますが、ひどい場合は殺ダニ剤をまきます。アブラムシも発生しますが被害は少ないです

サルビア・スプレンデスのアレンジ

洋風の庭によく合います。和風や自然風の庭には使いづらいです。大ぶりな姿なので、寄せ植えに用いる場合は大きめの鉢にしないとバランスが取れなくなります。特に赤の花色はとても目立つので合わせる場合は白花や葉もので調和させます。どちらかといえば庭植えに向いており、広い場所に固めて植栽するとよく映えます

サルビア・スプレンデスの主な品種

花色違いの品種のほか、やや寒さに強く多年草として出回る品種もあります。斑入り品種もありますが店頭で見かける機会は少ないです


スプレンデスの変わった花色の一例。品種名付きで出回ることは少なく、店頭で花色を見て購入するとよいでしょう


斑入り品種


「バン・フューティー」
濃赤紫のシックな花色のスプレンデス。背丈が1m以上になりとても大きくなります。他の種類に比べるとやや寒さに強く暖地では霜よけすれば屋外で冬を越すこともあります

サルビア・スプレンデスの個人的な印象

オススメ度:75%
ほかのサルビアに比べ高温多湿に強く、丈夫で栽培しやすいのが魅力。地植えにして伸び伸び育てると持ち味を発揮します

コメント

  • 様々な花色が出回るようになりましたが、スプレンデスの代名詞ともいえる燃えるような単色の赤花も魅力的です。これはチューリップにも同じことが言えると思います
  • 花を美しく保つなら雨の当たらない場所に置くと良いのですが、そのぶんハダニの被害に気を使わなければなりません

戻ります