本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

スイセン


戻ります

スイセンのデータ

花色:オレンジ黄色白
学名:Narcissus
科名:ヒガンバナ科
分類:秋植え球根
原産地:地中海東部沿岸
大きさ:背丈10〜40cm 横幅10〜25cm
主な見所:花(12〜4月)、香り(花)

スイセンの特徴

品種改良が盛んにおこなわれ様々なタイプの品種が出回っています。よく見かけるラッパズイセンや大カップ咲きのほか、小カップ咲き、八重咲き、房咲き、原種系などがあり、とても多彩です。中には芳香ズイセンのように香りを楽しむものもあります。葉は線状にすっと伸びますが、初夏以降は垂れて少し見苦しくなります。夏には葉が枯れ休眠状態になります。最近では欧米から多くの園芸品種が輸入されるようになりました

  • 難易度: 丈夫な花ですが、何年も放置し過ぎると徐々に花数が減ります
  • 日照量: 日向を好みますが、夏は日陰でよいです
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

スイセンの育て方

充実した球根を手に入れたら翌年の開花までは特に難しいことはありません。庭植えは球根の大きさの2〜3倍の深さに植えますが、鉢植えは根を十分張らせるために1〜2cm程度の浅植えにします。秋から春に日当たりがよく、水はけのよい土の場所を好みます。花後はカリ分の多い肥料を与えて葉が枯れるまでよく日に当てます。できれば夏は半日陰〜日陰におきます。しっかり肥培させれば数年は植えたままで構いません

  • 管理:枯れた花は摘み取ります。庭植えなら3〜5年に一度、鉢植えなら毎年〜2年で掘り上げて植え替えます。鉢植えで密植した場合は一年草扱いにするか、球根同士の幅を取って適地に植え替えます
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を与え、花後にカリ分の多い肥料を追肥します
  • 病害虫:ほとんど発生しませんが、まれに軟腐病やウイルス病が発生することがあります。他の株に移る前に抜きとります

スイセンのアレンジ

品種を選べばどのような庭にも合います。チューリップなど他の秋植え球根に比べると花期は長いので寄せ植えにも使えますが、やはり長くは持たないことを考えておきましょう。単植、あるいは同時期に咲く球根類を使って密植すれば豪華な寄せ植えになります。大きい鉢植えや花壇にスイセンだけで郡植するのもよいです

スイセンの主な品種

品種改良に長い歴史があり大量の園芸品種があります。十数種の系統分けがありますが、店頭で選ぶ際はラベルから気に入った花のものを選べばよいでしょう。珍しいものは通販で求めます。一般的な庭では花の姿よりも草丈の方が重要な選択要素なので、その点はよく確認しましょう


「ピンクチャーム」
花弁が白色、副冠が桃色の大カップ咲き。大輪で大型。花弁も副冠も大きくよく目立ちます


「バレットブローニング」
白・黄色の小カップ咲き。大輪で大型。花弁に比べ副冠が小さいのがよくわかります


「バートレイ」
黄・黄色のシクラミネウス咲き。中輪の中型。副冠が長く、シクラメンのように花弁が後ろに反る特徴的な姿でよく目立ちます。この系統の品種の中では育てやすいのも魅力


「タヒチ」
黄・黄色の八重咲き。大輪の大型。名前の通り明るい陽気な印象の花


「ハウエラ」
黄・黄色の房咲き。小輪で小型。雫が落ちるように花が下を向くのでトリアンドラス系(雫ズイセン)とされます


「ニホンスイセン」
白・黄色の房咲き。小輪で中〜大型。二ホンとありますが帰化植物。冬咲きで12月から咲き始めます


「エルリッチャー」
白・白色の房咲きで八重咲き。中型。芳香も楽しめます。系統分けは房咲きの方に入るようです


「ディッセンバーレモン」
バルボコジュームの改良品種。小輪で小型。薄黄色の花を咲かせます。系統は9番に入れられます


○バルボコジューム(N.bulbocodium)
原種系。小輪で小型。小さい黄色い花を咲かせます。系統は13番に入れられます

その他の写真


スイセンの球根。中〜大型。芽の部分に特徴があり特定しやすいです

スイセンの系統分け

1.ラッパズイセン
2.大杯ズイセン
3.小杯ズイセン
4.八重咲きスイセン
5.トリアンドラスズイセン
6.シクラミネウスズイセン
7.芳香ズイセン
8.房咲ズイセン
9.バルボコジュームの改良品種(バルボコジュームの原種は13に分類される)
10.スプリットコロナスイセン(さらにカラースイセンとパピヨンスイセンに分かれる)
12.上記で分類できないもの
13.原種名で区別されるもの

スイセンの個人的な印象

オススメ度:75%
品種も様々で、コレクションする楽しみがあります。適地なら植えっぱなしでも何年かは花を咲かせてくれるのは嬉しい

コメント

  • 地植えなら「花つきが悪くなったら植え替える」という感じでOKです
  • 深く追求しないなら、系統分けに無理にこだわることはないと思います
  • ギリシア神話のナルキッソスの話のイメージ通り、白花スイセンの花言葉は「自己愛」。スイセンの美しさの裏返しということで気にすることではないでしょう

戻ります