本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ストック

戻ります

ストックのデータ

花色:赤紫ピンク紫青紫オレンジ白
学名:Mattbiola
科名:アブラナ科
分類:夏・秋まき一年草
原産地:ヨーロッパ南部
大きさ:背丈25〜100cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(11〜5月)※真冬の屋外の開花は鈍ります、香り(花)

ストックの特徴

甘い香りの豪華な花を伸ばした花茎に房状に咲かせます。花色が豊富で花の形も一重と八重があり、それぞれに受ける印象が異なります。葉の色はやや灰色がかった緑。草姿は冬の間ロゼット状で根元の葉は大きめです。花壇や寄せ植え用の矮性種、切花用の高性種があります。店頭で出回るポット苗は矮性種が多く、高性種はタネでよく出回ります

  • 難易度: 難しいところはありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 乾燥に少し弱いところがあります
  • 耐寒性: 南関東以南では問題ありませんが、花の上がりは鈍ります

ストックの育て方

日当たりと水はけの良い場所で育てます。ポット苗からなら育成に関してはそれほど気を使うことはありません。やや水切れに弱いので鉢植えの場合はその点だけ注意します

  • 管理:終わった花を早めに切り取ります。放っておくと花弁が散って汚らしくなります
  • 肥料:緩効性肥料を適切に与えます。多肥にする必要ありません
  • 病害虫:アブラムシ程度ですが、寒い間はほとんど発生しません

ストックのアレンジ

冬花壇の花としては高さがあるのでよく用いられますが、真冬は花の上がりが少ないことを考えておきます。寄せ植えには背丈の低い矮性種が合っています。花の最盛期はボリュームのある姿になるので楚々とした花とは合わせず、プリムラ・ポリアンサやフリル系のパンジーなどのような目立つ花との組み合わせを選ぶとよいです

ストックの主な品種

矮性〜高性、一本立ちと分枝性のものが出回ります。一重と八重咲きもあり、花色とともに選ぶ楽しみがあります


ストックの矮性品種のひとつ。花の大きさと花つきは相反関係にあるようです

その他の写真


様々な咲き方があります

ストックの個人的な印象

オススメ度:75%
開花最盛期は春以降ですが、冬花壇の素材としてこれからの改良に期待です

戻ります