本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

スイートアリッサム

戻ります

スイートアリッサムのデータ

花色:赤紫白複色
学名:Lobularia
科名:アブラナ科
分類:秋まき一年草扱い / 常緑多年草
原産地:地中海沿岸
大きさ:背丈5〜12cm 横幅15〜40cm
主な見所:花(11〜6月) 、香り(花)

スイートアリッサムの特徴

小さい花が房〜段状に固まって咲き、花には甘い香りが漂います。株はやや横に広がり、葉は小さく細長いです。一年草扱いされることも多いですが、可憐な姿に似合わず強健で夏越しして秋に再び花をつけることも珍しくありません。春以降に花茎が立ち上がってきても背丈は低いままです。植栽したときのバランスを崩さないので寄せ植えや縁取りにピッタリです

  • 難易度: とても丈夫で、涼しい場所に置けば夏越しもできます
  • 日照量: 日当たりの良い場所を好みます。夏越しする場合は夏に遮光します
  • 水分量: 適湿がよく、ひどい乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

スイートアリッサムの育て方

日当たりと水はけのよい肥沃な土の場所を好みますが、日当たりさえあればあまり条件を選びません。通常は一年草扱いにしますが、夏に遮光すれば夏越しも意外に簡単です。株元が完全に覆われてしまうので鉢植えの場合は水切れに注意しましょう

  • 管理:普段は放任でよいです。夏越しさせる場合は咲き終わった花がらや、これから咲きそうな花芽をすべて切り取り、涼しい場所に移動して過湿にせず乗り切らせます。株が充実していれば秋からまた花を咲かせます
  • 肥料:緩効性肥料を生育期に適切与えます。冬は肥料を控えます
  • 病害虫:特に気になるものはありません
  • タネから

    タネも苗も小さいですが発芽率は良好で、苗も育てやすいです。箱まきが基本ですが、ポットまきも可能。早いうちからしっかり間引きを行います。秋まきしても、よい環境を与えられれば初冬開花も難しくありませんが、本格的な開花は春以降となります

スイートアリッサムのアレンジ

寄せ植えの場合は調和役として力を発揮します。個性の強い花同士でも、間にこの花を挟めばうまく合わせられます。グランドカバー・郡植の場合は密植に注意します

スイートアリッサムの主な品種

花色違いの品種が出まわります。複色の花を咲かせる改良品種もあります

「スノードリフト」:改良品種。白花で花つきがよく、最盛期は花が株を覆いつくします


複色咲きの品種

その他の写真


花のアップ。ひと目でアブラナ科と分かる花の形です

スイートアリッサムの個人的な印象

オススメ度:95%
調和役として優秀な花。草丈が低いまま維持できるのも良い点です

コメント

  • 意外と夏越しも簡単で、夏を越した株は見事な花を咲かせます
  • 赤紫系の花を咲かせるものは性質がやや弱い気がします

戻ります