本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

センニチコウ

戻ります

センニチコウのデータ

花色:
学名:Gomphrena
科名:ヒユ科
分類:春まき一年草
原産地:熱帯アメリカ原産
大きさ:背丈20〜50cm 横幅20〜40cm
主な見所:花(6〜10月)

センニチコウの特徴

切花が1ヶ月以上もつほど花持ちがよく、地植えでも長期間楽しめます。立ち上げた花茎にふさふさのこんもりした花を咲かせます。花はカサカサの乾いた感じです。球状の目立つ部分は苞で、その間から小さい花が出ています。葉は広楕円形〜狭楕円形でやや大きめですが、花が花茎の頂部に咲くので気になりません。20cm程度の矮性種から高性種までそろいます。矮性のものはかわいい印象で花壇や寄せ植え向きです。高性種は野趣があり、ボーダーガ−デンや切花に向きます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 乾燥気味の環境を好みます
  • 耐寒性: 一年草です

センニチコウの育て方

とても丈夫な植物です。日当たりがよく乾燥気味の場所を好みます。用土の水はけさえよければやせ地でも育ちます。半日陰など、やや条件の悪い場所でも育ちますが間延びしたり下葉が枯れたりします。夏の暑さに強く、乾燥にも比較的強いですが鉢植えの場合は乾燥し過ぎないようにします。タネからでも楽に育てられます

  • 管理:色褪せて茶色になった花は花茎ごと切り取ります。花茎が伸びすぎたら切り戻して切花すると姿が乱れません
  • 肥料:元肥にリン酸分多い緩効性肥料を与えればあとは必要ありません
  • 病害虫:ほとんど発生しません
  • タネから

    箱まきが基本ですが、直まきも可能です。発芽適温が高いのでやや遅まきにします。品種や条件により赤みの強い芽と緑色の芽が出ますが問題ないです。初期成長がやや遅めなのでのんびり育てます

センニチコウのアレンジ

花もちがよいので長期間楽しめるのが長所。花色を選べば洋風や和風、自然風のガーデンいずれにも合わせられるので使いやすいです。矮性種は寄せ植えに、高性種はボーダーガーデンや境裁に向きます。シンプルで素朴な感じの花ですから、豪華な花以外とはよく合います

センニチコウの主な品種

一般的にはグロボーサの品種が出回っていますが、キバナセンニチコウの品種も出回ります。品種は矮性種から高性種までそろいます。ただ、葉色が濃く節目が妙に詰まっているものは、矮性種ではなく矮化剤を使用しているケースも多いです。

グロボーサ系(G. globosa)


「ネオン」
様々なシリーズがそろう人気品種。ローズやピンク、ホワイトなどがあります


「ファイヤーワークス」
ピンクの花とツンツンした咲き方の改良品種


キバナセンニチコウ系(G. haageana)


「ストロベリー・フィールズ」
キバナセンチコウの有名な改良品種。朱色の花を咲かせます

センニチコウの個人的な印象

オススメ度:95%
夏の暑さに強く花もちもよいので、梅雨以降の高温乾燥期はガーデンの主役を担えます

コメント

  • 漢字で書くと「千日紅」、花持ちの長さを表しています
  • 矮化剤で株を小さくしているケースもあるようです。効果が切れると急に背丈が伸びるので寄せ植えでは困ったことになることも

戻ります