本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

スイートサルタン

戻ります

スイートサルタンのデータ

花色:
学名:Amberboa moschata
別名:ニオイヤグルマギク
科名:キク科
分類:秋まき一年草
原産地:地中海沿岸〜西アジア
大きさ:背丈60〜100cm 横幅40〜70cm
主な見所:花(4〜7月)

スイートサルタンの特徴

以前はセントーレアの仲間に含まれていましたが別種になっています。花茎が長く伸び、花はやや大きめで淡い甘い香りがあります。花弁は細かい切れ込みがいくつも入って線状になり、花色は赤紫やピンク、白などがあります。咲き終わりの頃は薄い赤紫色になります。葉は切れ込みが深い羽状葉で、株は根元付近から多数分枝しこんもり茂ります。園芸での利用はそれほど多くありませんが、切花によく使われています

  • 難易度: 小苗の頃はやや気難しい。大きく育てばそれほど難しくありません
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では屋外で冬越しますが、強い霜が降りる日は保護した方が安全です

スイートサルタンの育て方

日当たりと水はけ、風通しのよい場所で育てます。風通しが悪いと立ち枯れしやすいので、できれば株間は広め(30cm前後)に開けておきます。それでも苗が小さいうちは原因不明なまま枯れやすいためタネからだと難易度がやや高いです。ある程度大きくなれば切花がたくさん取れるほど、よく花を咲かせてくれます

  • 管理:花がらは切り取ります。花はどんどん咲くので順次切花に取ってしまいます
  • 肥料:定植時に長期間効く緩効性肥料を与え、開花期には液肥を与えます
  • 病害虫:花芽にアブラムシやカメムシほか各種害虫が寄りやすいです。育苗時の立ち枯れにも注意
  • タネから:発芽率は悪く、育苗もやや難しい部類に入ります。初心者は苗を求めた方がいいと思います

スイートサルタンのアレンジ

洋風の庭に合います。切花ならアレンジにも使いやすい花ですが、ガーデンでは株が広がりやすいことや、立ち枯れ病を防ぐため株間を空けなければならないので使いどころの難しい花です。花は個性的ですが花色が淡いので色々な花と合わせることは出来ます。暖地では同じ種類で郡植するか、切花用に単独で植えたほうがよいかもしれません

スイートサルタンの主な品種

花色違いの種が出回っています

「イエローサルタン」:黄花種。耐寒性がやや低い

その他の写真


花を横から

スイートサルタンの個人的な印象

オススメ度:40%
どちらかといえば切花向けの花で、園芸的にはお勧めと言い難いです

コメント

  • たまに切花用に育てるための苗が出回るので、初心者はこれを利用するとよいでしょう

戻ります