本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

シラン

戻ります

シランのデータ

花色:赤紫
学名:Bletilla striata
科名:ラン科
分類:常緑多年草
原産地:日本、東アジア
大きさ:背丈60〜100cm 横幅70〜120cm
主な見所:花(4〜5月)

シランの特徴

花を楽しむラン科の植物の中でとても丈夫なもののひとつです。初夏に赤紫のラン科特有の形の花を咲かせます。白花種もあります。花つきはそこそこですが大きな葉とのコントラストは美しいです。やや幅広の葉脈が目立つ長い葉を株立ち状に茂らせます。姿が崩れず四方に優雅に広がるので花のない間も葉物として楽しめます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日向のほうが花つきは良いですが半日陰でも育ちます。夏は半日陰になる場所が好ましいです
  • 水分量: やや湿った場所が好みです
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

シランの育て方

ラン科の花としては珍しく放任でも増えていくほど丈夫で育てるのは難しくありません。日向から半日陰の、肥沃な土で乾燥のひどくならない場所が適地。乾燥しなければ一年中日当たりのよい場所でも大丈夫ですが、夏場に半日陰になる高木の下のような環境が好ましいです

  • 管理:枯れた花芽は切り取りますが放置しても構いません
  • 肥料:春と秋に控えめに与えれば十分です
  • 病害虫:ほとんど発生しません

シランのアレンジ

洋風に合わせることもできますが、和風や自然風の庭の方が向いています。地植えに適し、珍しい品種以外で鉢植えにすることは少ないです。半日陰までなら十分育つので北側の庭にも植えることができます。日当たりが良すぎる場所だと雰囲気が出ないので避けた方が無難でしょう。庭石や樹木の下などに根じめとして郡植するのが定番。道や水辺に列植する例も見かけますが草丈がやや大きくなるのでその点は考慮のこと。葉が四方に広がる姿が美しいので植栽場所の周囲がなるべく広い所を選択します

シランの主な品種

赤紫花の普通種のほか、白花種や白の斑入り種が一般的。あまり流通しませんが青花種(青よりも薄紫色に近い)や縞斑入り種などもあります


シランの白花・白斑入り品種(フイリシラン)

その他の写真


大きくなり横に広がるとかなり存在感が出ます


シランの偽球茎。この姿で販売されることもあります

シランの個人的な印象

オススメ度:65%
丈夫で半日陰にも耐えます。やや広めの場所に、ある程度の数を郡植すると映えます

コメント

  • よく見ればなるほどランの花です
  • 坪庭など狭い場所に植える場合は、たまに太い偽球茎を株分けして生育をセーブすれば楚々とした姿を保てます。株分けの適期は早春〜芽が出る前。2〜3芽程度を残して茎を切り分けます

戻ります