本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ルリマツリ

戻ります

ルリマツリのデータ

花色:赤青紫白
学名:Plumbago
別名:プルンバーゴ
科名:イソマツ科
分類:常緑低木
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈30〜100cm以上 横幅30〜50cm以上(半つる性)
主な見所:花(6〜10月)※真夏の花つきは悪いです

ルリマツリの特徴

一般的にルリマツリは青紫や白の花を咲かせる上写真のオーリキュラータがポピュラーです。小さな花を頂部に固めて咲かせ手まり状の花序になります。ランタナやペンタスと同様に寄せ植えや花壇用の苗が安価に出回るようになりました。夏の花の中では涼しげな花色が魅力ですが、暑い時期の開花は多くを望めません。葉はへら状で、株は斜め上〜横に広がるように伸びます。オーリキュラータ以外にも赤い花や白い花をつける近似種があります

  • 難易度: 花つきよく咲かせるのは少しコツがいります。育てるのはやさしい
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 暖地なら屋外でも冬を越せることもありますが、室内に取り込んだほうが安全です。冬越し出来る地域なら次年度大きな姿で楽しめるので花つきが良くなります

ルリマツリの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えます。肥沃な土を好み、生育中は水切れや肥料切れさせないように育てると花つきがよくなります。枝が旺盛に伸びるので、大きくなってきたらトレリスなどに絡ませると美しく育ちます。小さく育てたいなら切り戻してわき芽を出させます。鉢植えだと花つきがあまり良くないので、地植えで育てたいところです

  • 管理:終わった花は切り取ります
  • 肥料:肥料は適度に緩効性肥料か液体肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ルリマツリのアレンジ

洋風の庭に合います。ランタナやペンタスなどに比べると、花は大きいですが花つきに劣るので単独で使ったほうがよいです。地植えに向いていて、花つきも改善されます

ルリマツリの主な品種

普通に販売されているオーリキュラータの青紫花の以外にもいくつか品種や種類がありますが、店頭で見かける機会はそれほど多くありません


オーリキュラータ(P.auriculata):青紫花を咲かせます。白花種もあります。花色は環境などによって濃淡が出ることがあります

インディカ(P.Indica):赤紫や赤い花をつけます

セイロンマツリ(P.zeylanica):白い花をつけます

ルリマツリの個人的な印象

オススメ度:60%
地植えでも冬越し出来る暖地なら花つきがかなり改善されるのでお勧めです

戻ります