本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

リアトリス

戻ります

リアトリスのデータ

花色:白
学名:Liatris
科名:キク科
分類:夏緑多年草(春植え球根とされることもある)
原産地:北アメリカ原産
大きさ:背丈50〜100cm 横幅30〜80cm
主な見所:花(6〜9月)

リアトリスの特徴

いくつかの種類があり初夏から穂状〜球状の花を咲かせます。よく出回っているのは穂状の花を咲かせるスピカータです。一方、球状の花を咲かせるものはリグリスティスを交配親に使ったものです。実際にはこれらの交雑種もあり区別はあいまいになってきています。花色はよく見かける赤紫のほか、紫や白もあります。株元の葉は長くやや幅が広めで、花茎の上の方の葉は線状で小さくなります。一部の品種は塊根をもち春植え球根とされることもあります。耐寒性、耐暑性があり、庭に植えっぱなしにしても毎年咲きます

  • 難易度: とても丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みますが、過湿は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

リアトリスの育て方

日当たりと水はけのよい場所が適地です。暑さに強く丈夫ですが、高温多湿にはやや弱いところがあるので風通しは確保します。環境がよいと花茎をたくさん立ち上げて豪華になりますが、蒸れないように春に弱い芽は間引いておきます

  • 管理:終わった花がらを切り取る程度で管理の手間のかかる花ではありません。花がらは花茎を株元から切るのではなく花だけを切り葉は残しておきます。株が込み合ってきたら晩秋か春に株分けします
  • 肥料:春と花後に緩効性肥料を少なめに与えます。多肥にすると徒長しやすいです
  • 病害虫:アブラムシが発生する事がありますが害虫には強いです。株が込み合うと蒸れからくる病気が発生する事があります

リアトリスのアレンジ

穂状の花と球状の花がありますが、一般的なナチュラルガーデンでは穂状の花がよく合います。球状の花は大きくて目立ちますが個性的な印象になります。どちらも花がたくさん立ったときはとても豪華なので陽気なイメージの庭に向きます。しっとりとした庭には向きません。狭い庭には背の低い品種をお勧めします

リアトリスの主な品種

よく出回るスピカータ系の品種と、たまに見かけるリグリスティス系の品種があります。リアトリスにはその他の種もありますが見かけることはほとんどありません

○スピカータ(L. spicata)系の品種


スピカータ系の白花品種。性質は変わりません

「コボルト」:スピカータ系。矮性種の代表的な品種です。花は株にしては大きめになります


○リグリスティス(L. ligulistylis)系の品種


玉咲きリアトリス(リグリスティス系の交雑種)
初夏咲きで玉状の花を咲かせます。性質や草姿はスピカータに似ています

その他の写真


通常は花後に花茎を切り取ってしまいますが、放置すると秋には写真のようになります

リアトリスの個人的な印象

オススメ度:70%
適地で育てれば手間も掛からず、花もよく咲きます。花もちも悪くありません

コメント

  • 穂の上から下に徐々に咲いていくので、下が咲く頃には上の花が色あせていることが多いのがやや残念です

戻ります