本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ラグラス

戻ります

ラグラスのデータ

花色:白
学名:Lagurus ovatus
科名:イネ科
分類:秋まき一年草
原産地:地中海沿岸
大きさ:背丈20〜50cm 横幅25〜40cm
主な見所:花(4〜6月)

ラグラスの特徴

ふさふさした穂が見所です。穂の色は地味ですが形の面白さに魅力があります。穂の持ちがよいので長期間楽しめるのも良いところです。株の大きさは品種によりさまざまで、切花向きの高性種から、寄せ植え向きの矮性種まであります。やせ地や乾燥地を好み高温多湿は苦手で、暖かくなってくると葉や株が横に広がり姿がだらしなくなりがちです

  • 難易度: 丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや乾燥した環境を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ラグラスの育て方

日当たりと水はけのよい場所が適地で、この条件を整えればあとは放任で育ちます。水はけの悪い場所では極端に生育が悪くなるので、砂などを土に混ぜてあらかじめ改善しておきます

  • 管理:適地に植えれば、特に手間はいりません。穂の色が褐色になったものは順次切り取ります
  • 肥料:肥沃な土なら与えなくても構いません。やせ地の場合は控えめに緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:ほとんど発生しません
  • タネから

    発芽率はあまり良くありませんが、育苗はそれほど難しくありません。移植を嫌うため直まきするか、ピートバンなどで発芽させたうえで小苗のうちに定植します

ラグラスのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。見た目はやや地味な印象ですが、引き立て役、あるいは変化をつけたいときによいと思います。寄せ植えに向くとされる矮性種は横に広がりやすい葉が他の植物の邪魔になりやすいのが難点で、どちらかといえば地植え向き。高性種は寄せ植えには向かず、地植えの花壇のポイントに用いるとよいでしょう

ラグラスの主な品種

高性種や矮性種が出回ります。店頭でポット苗で出回るのは矮性種が多く、高性種が欲しい場合はタネから育てることが多くなるでしょう


矮性種。高性種とは異なり葉の少し上ぐらいの位置で花穂ができます

ラグラスの個人的な印象

オススメ度:60%
見ごろが長く、丈夫で手間もかかりません。小さな花瓶の切花にも使えます

コメント

  • 花穂は陰干しするとドライフラワーになります

戻ります