本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ニオイバンマツリ

戻ります

ニオイバンマツリのデータ

花色:紫白
学名:Brunfelsia
別名:ブルンフェルシア
科名:ナス科
分類:半常緑〜常緑低木
原産地:南アメリカ原産
大きさ:背丈25〜150(300)cm 横幅20〜100(150)cm
主な見所:花(5〜7月)※夏や秋に返り咲きすることもあります

ニオイバンマツリの特徴

咲き進むにつれ紫から白に変化する花が特徴で、最盛期にはまるで2色咲きのようになり綺麗です。ニオイという名の通り甘い香りを放ち、香りは夜に強くなります。葉は硬質な印象でつるつるしており、葉脈が目立ちません。株は本来大きくなりますが、家庭園芸では30〜60cm程度の低木に仕上げることが多いです。熱帯性の花木ですが寒さに比較的強く、南関東以南の暖地では霜よけ下で越冬します。それでも冬季は多少紅葉したり落葉します

  • 難易度: 比較的丈夫です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てますが、夏の間は遮光します
  • 水分量: 適湿を好みますが、夏の強い乾燥は苦手です
  • 耐寒性: 軽い霜よけ程度で南関東以南の暖地では屋外で越冬します

ニオイバンマツリの育て方

秋から春までは日当たりのよい場所に置きますが、葉焼けと過度な乾燥を防ぐため夏は半日陰に移動します。花つきは悪くなりますが、午前中のみ日が当たる程度でもなんとか花は咲きます。鉢植えは夏の間は乾かしすぎに注意します。半耐寒性種としては寒さに強いほうなので、霜よけなどの保護を行えば冬越しも難しくありません

  • 管理:剪定は刈り込みをせず邪魔な枝を透かす程度にします
  • 肥料:緩効性肥料を初夏と秋に与えます。春〜初夏まで液肥を与えるのもよいです。秋の肥料はチッソやリン酸分を少なめにしてカリ分が大目のものを与えれば耐寒性が高まります
  • 病害虫:ハダニなどが発生しますが、それほど悩まされません

ニオイバンマツリのアレンジ

やや寒さに弱いため鉢植えで育てるのが普通ですが保護すれば庭植えも可能です。一本でも十分見栄えがするうえやや横に広がるので、単植したほうがいいと思います。他の花と合わせる場合は、本種の硬質の葉と相性が合うかチェックします

ニオイバンマツリの主な品種

ブルンフェルシアの仲間はいくつか種類がありますが、店頭で一般的に出回っているのはニオイバンマツリ(アウストラリス)です


ニオイバンマツリ(B.australis)
本文参照。一般的に出回っている種です

アメリカバンマツリ(B.americana)
薄黄色の花をつけます。耐寒性はやや低めだそうです。育てたことはありません


パウシフローラ(B.pauciflora)
ニオイバンマツリに似ていますが、花に香りがなく、枝先に花をたくさんつけます

ニオイバンマツリの個人的な印象

オススメ度:85%
花が美しくコンパクトに育つのでオススメの鉢花。香りも楽しめます。熱帯花木の中では寒さに比較的強いのも魅力です

コメント

  • 花がよく咲かないのは剪定の失敗によることが多いです。冬に枝を切り詰めないように

戻ります