本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

マリーゴールド

戻ります

マリーゴールドのデータ

花色:赤オレンジオレンジ黄色
学名:Tagetes
科名:キク科
分類:春まき一年草
原産地:中央アメリカ
大きさ:背丈15〜60cm  横幅20〜50cm
主な見所:花(5〜11月)※夏は開花が鈍ります

マリーゴールドの特徴

夏花壇定番の花で、一重や八重の明るい黄色やオレンジの花は晴れた夏によく似合います。よく見かける写真上のフレンチ種のほかに、花や株の大きなアフリカン種も人気があります。葉は羽状の濃緑で、株はこんもりします。一般的にとても丈夫な花といわれていますが、葉が食われやすかったり、やっかいなハダニが発生するなど扱いづらい面もあります。また、暑さに強そうな印象がありますが意外にもそれほど強くありません

  • 難易度: 難しくはないですが、イメージほどやさしくはありません
  • 日照量: 日当たり良い場所を好みます
  • 水分量: 水はけのよい土を好み、過湿は苦手です
  • 耐寒性: 一年草です

マリーゴールドの育て方

日当たりと水はけのよい場所に植えます。開花期が長いので適切に肥料を与えて株の勢いを維持します。可能ならハダニ予防のため葉裏に水をかけますが、実際には完全に防ぐのは難しいです。夏は切り戻して越させたほうが、秋のきれいな花を長く楽しめます

  • 管理:終わった花は切り取ります
    夏は開花が鈍るので、思い切って切り戻すと秋にまたきれいに咲きます
    肥料は元肥をしっかり効かせて、あとは液肥を与えます 。チッソ肥料のあげ過ぎは葉ばかり茂るようになり逆効果なので気を付けます
  • 病害虫:ナメクジやハダニが発生します。ハダニの駆除は難しいです
  • タネから

    タネは細長い特徴的な形。発芽には高温が必要なので十分暖かくなってからまきます
    発芽率は良好、育苗も楽な部類です

マリーゴールドのアレンジ

洋風の庭に向きます。自然風や和風の庭には向きません。寄せ植えにも使えますが、地植えで同種を色違いや咲き方違いでまとめて植えたほうが綺麗にまとまります。印象が重く感じられたら適度に白花を混ぜましょう

マリーゴールドの主な品種

フレンチ種とアフリカン種が主に出回ります


フレンチ種(T.patula):
一般的に出回っている品種。一重と八重咲きがあります。暑さにやや弱い


アフリカン種(T.erecta):
高性で大輪、暑さに比較的強いです


レモンマリーゴールド(T.lemmonii):
北アメリカ原産の多年草のマリーゴールド。ハーブとしてよく用いられ、名前のとおりレモンのような香りがします


‘オレンジジェム’
中央アメリカ原産のリニフォリア(T.linifolia)の改良品種。小型種で花も葉も小型です

マリーゴールドの個人的な印象

オススメ度:65%
どうしても葉が汚くなりやすいのがマイナス点。最近は他にも優れた花が増えてきたので相対的に評価は低くなります。暖地ではアフリカン種がおすすめです

コメント

  • ネコブセンチュウ対策として野菜と一緒に植えられることがあります

戻ります