本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ムスカリ

戻ります

ムスカリのデータ

花色:青紫青白
学名:Muscari
科名:キジカクシ科
分類:秋植え球根
原産地:地中海沿岸〜西アジア
大きさ:背丈15〜20cm 横幅15〜25cm
主な見所:花(3〜4月)

ムスカリの特徴

一般的にはアルメニアカムとその改良品種が出回っていますが、他にアウケリやネグレクタムの改良品種も比較的よく出回っています。穂状につぼ形の花をたくさん咲かせます。花色は紫が強いものと青が強いもの、白色があります。葉は細長く少し肉厚です。植えっぱなしにすると暖かい時期に葉がだらしなく伸びてしまいます。性質は大変丈夫で、花つきは悪くなりますが半日陰でも育つほどです

  • 難易度: 球根さえ太っていれば、まず花が咲きます
  • 日照量: 秋〜初夏は日当たりのよい場所を好みます。夏は日陰でもよいです
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ムスカリの育て方

秋に球根が出回ります。あまり早くに植えつけるとだらしなく葉が伸びてしまうので、肌寒くなる11下旬〜12月中旬頃植えます。植え付けは球根2〜3個分の深さにします。秋から春は日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも花は咲きます。少し暗い場所でも枯れることなく育ちますが花つきは悪くなります。水はけさえよければ土質にはあまりこだわりません

  • 管理:よくタネをつけるので枯れた花茎は切り取ります。花壇の場合は植え替えはあまりせず3〜4年は植えっぱなしで大丈夫です。鉢植えは球根を充実させた後、地上部が枯れている間は日陰に置き初冬に植え替えます。寄せ植えで用いたものは毎年更新したほうがよいかもしれません。地植えも毎年植え替えると葉が伸びすぎず、開花期に綺麗に咲いてくれます
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を与え、花後にカリ分の多い肥料を追肥します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ムスカリのアレンジ

洋風や自然風の庭に合います。花期のあった秋植え球根と寄せ植えすることが多いです。よく合うということのほかに秋植え球根は花期の短さの関係から使いどころが難しいのも理由にあります。ただ、ムスカリは意外と開花期が長いので草花との寄せ植えにも用いることができます。その場合は密植気味にしたほうがよいでしょう。花壇植えでは主に縁取りやチューリップなどとの混植に用います。密に同じ花色をまとめて植えると見栄えがします

ムスカリの主な品種

アルメニアカムがよく出回りますが、その他の種を見る機会もそこそこあります


アルメニアカム(M.armeniacum)
ムスカリの代表的な種。鮮やかな青い花が咲きます。葉も花もやや大きめです。白花種や八重咲き種など改良品種もよく出回っています


アウケリ(M.aucheri):小型のムスカリで、改良品種が出回っています


「マウント・フッド」
アウケリの改良交配品種。山の頂部の雪のような白色と青の複色になります



アズレウム(M.azureum)
極小型のムスカリで大きくても10cm程度にしかなりません。青の縞のある薄いブルーの花を咲かせます。比較的大きめの花を咲かせます。白花種もあります


ネグレクタム(M.neglecyum):小型のムスカリで、改良品種が出回っています。アルメニアカムほど派手ではありませんが、まとまりよく咲く良さがあります


ネグレクタムの薄青種と白花種


マクロカルパ(M.macrocarpum):黄色花で、花には香りがあります


「ゴールデンフレグランス」
マクロカルパの改良品種。原種に比べ花序が大きいです

その他の写真


芽出しは翌年2月ごろになります


アルメニアカムのだらしなく伸びた葉。毎年植え替えを行うことで防ぐことが可能です

ムスカリの個人的な印象

オススメ度:80%
とても強健で、放任でも花を咲かせてくれます。アルメニアカムは植えっぱなしだと葉がだらしなく伸びるのが残念

コメント

  • 脇役に使われがちですが、広い面積をムスカリだけで埋めると壮観です

戻ります