本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

マルバストラム

戻ります

マルバストラムのデータ

花色:
学名:Malvastrum lateritium
別名:マルバストルム
科名:アオイ科
分類:常緑多年草
原産地:南アメリカ原産
大きさ:背丈20〜35cm 横幅100〜cm(ほふく性)
主な見所:花(5〜7月)

マルバストラムの特徴

横に旺盛に広がる枝から中ぐらいの大きさの花を次々と咲かせます。花は一日花で一重ですっきりした形です。花色は薄赤橙色で淡い感じです。株は四方に伸びますが、まばらな感じで広がるので通常のグランドカバーには不向きな印象です。葉は3〜6裂程度の切れ込みが入る緑色。茎は固めでやや赤っぽくなります

  • 難易度: 比較的丈夫な花です。適地では逆に増えすぎに注意
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 水はけのよい場所を好みます
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

マルバストラムの育て方

日当たりと水はけのよい場所なら丈夫に育ちます。それ以外の環境だと思ったように育たず、特に日当たりが悪いと花が開きません。風通しのよい開けた場所に向いており、うどん粉病にもかかりにくくなります。適地なら旺盛に横に広がり放任すると収拾がつかなくなるので、早めに切り戻しを行います。ほふくして根を下ろしたものは株分けできます

  • 管理:一日花ですが、タネをつけさせないために花がらはなるべく切り取ります
    株が四方に広がり暴れるので間引いたり切り戻したりの管理が必要です
    肥料は春と秋に緩効性肥料を与えます。多肥はよくありません
  • 病害虫:たまにイモムシ等の害虫が発生しますが、アオイ科の仲間の中では頻度はそれほど多くはありません。病気はウドンコ病が発生することがあります

マルバストラムのアレンジ

横に広がりやすく背丈が低いので花壇の前景に使えます。グランドカバーにも使えますが、節が間延びしやすいのであまり綺麗には見えないことを考慮しワイルドな使い方をすると良いでしょう。節から根を出すほふく性があるので庭植えに向いています

マルバストラムの主な品種

これといった品種はないようです

マルバストラムの個人的な印象

オススメ度:60%
丈夫な花ですが日当たりのよい場所に植えないと綺麗に咲きません
節が間延びしやすいのが残念

その他の写真

つぼみ

環境が悪いとうどん粉病にかかりやすいです

戻ります