本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ガーベラ

戻ります

ガーベラのデータ

花色:赤ピンク赤紫紫オレンジ黄白
学名:Gerbera
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈15〜70cm 横幅20〜60cm
主な見所:花(4〜11月)※真夏は花が咲きにくいです

ガーベラの特徴

万人受けするクセのない花の形と、アレンジしやすい適度な花の大きさが好まれて、鉢花や切花、ブーケなどによく用いられます。花色は豊富で、花の形も一重咲きや八重咲き、大輪咲きがあります。株はロゼットで、ギザギザのある大きめの長い葉をつけます。ただ長い花茎を伸ばすため、花だけがよく目立ちます。改良された矮性品種は寄せ植えにも向きますが、地植えにも用いられる宿根草扱いされる高性種もあります

  • 難易度: 丈夫ですが、花をよく咲かせるにはコツがいります
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 水はけのよい土を好みます
  • 耐寒性: 耐寒性は強くはありませんが、南関東以西の暖地では霜よけ程度で冬を越します。また、高性種は寒さに強い品種も多いです

ガーベラの育て方

丈夫ですが、育成環境が悪いと葉ばかり茂り花が咲きにくくなったり、根ぐされしやすいです。日当たりは必須で、特に中央の株元によく当たるようすると花芽が上がりやすくなります。水はけのよい涼しい場所を好み高温多湿期に枯れやすくなるので、梅雨時期は雨をなるべく避けて、できれば夏は半日陰程度に遮光します。深植えははせず浅植え&高植えにします。中性の土を好み酸性土は苦手です

  • 管理:花がら摘みを行います。株元によく日が当たるように、枯れた葉や元気のない葉を摘み取ります。茂りすぎたら春や秋に株分けします
  • 肥料: 葉ばかり茂らないようにチッソ肥料は控えめに、リン酸分の多い肥料を与えます。葉色が悪くなってきたら微量要素も入った肥料を与えましょう
  • 病害虫:アブラムシやスリップスがつきますが、花茎を切り取れば問題ないです。うどんこ病にたまになる事もありますが頻度は多くありません。それとは別に、葉が白く抜けることがありますが、微量要素の不足が原因であることが多いです。不規則に白くなるならハダニやハモグリバエを疑います。室内で育てるとオンシツコナジラミも発生しやすくなります。害を受ける種類が多いように思えますが、適地で育てていると病害虫の被害は気になるほどではありません

ガーベラのアレンジ

洋風の庭に合い、和風や自然風の庭ではやや違和感があります。鉢花として室内で楽しむことも多いですが、春や秋は屋外でも十分育てられます。花の形は、切り花で多用されるようにクセがなく他の花とも合わせやすいです。矮性種は寄せ植えに向き、高性種はボーダーガーデンに向きます

ガーベラの主な品種

矮性種や小輪・大輪種、花弁が線状になるスパイダー種など様々な改良品種が出回ります。最近は品種改良された庭植え向きの高性種もよくに見かけます


「ガーデンガーベラ・エバーラスト」
高性ガーべラの代表的な品種。株は大型になり、丈夫で花もよくあがってきます。花色も豊富です。暑さや寒さに強く、南関東以西なら地植えもできます



スーパークリムソン(G.jamesonii)
昔からある庭植え向きの高性種で宿根草扱いされています。耐寒性が強いです

ガーベラの個人的な印象

オススメ度:75%
一般的な矮性種は鉢花として優れています。一方、地植え向きの高性品種もよく出回るようになって使い道が広がりました。花を継続して咲かせるには多少手間がいります

コメント

  • 葉ばかり茂るようになったら、植え替えたり株分けしたりして株に変化を与えてあげましょう
  • 矮性種は鉢花だけでなく安価なポット苗でも出回るようになったので、春〜初夏の寄せ植え素材として一年草扱いするのも一つの手かもしれません

戻ります