本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ガザニア

戻ります

ガザニアのデータ

花色:ピンクオレンジ黄白複色 葉色:
学名:Gazania
科名:キク科
分類:常緑多年草
原産地:南アフリカ
大きさ:背丈15〜30cm以上 横幅20〜30cm
主な見所:花(5〜7・9〜11月 最盛期は初夏)、銀葉(銀葉種のみ 周年)

ガザニアの特徴

日差しに反応して開く花は株とのバランスで見ると大きく、ビビットな花色からは陽気な明るさを感じさせます。花は八重もありますが一重咲きが普通で、花色は黄色を中心に幅広く出回ります。葉は濃緑で細長く、株はロゼット状です。過保護にしてきれいに咲かせるというより、ワイルドな用い方をするのに適しており、ほとんど手をかけていないような花壇でよく育っているのを見かけます

  • 難易度: 初夏までは丈夫ですが、高温多湿には弱いところがあります
  • 日照量: 日当たりがよくないと花が開きません
  • 水分量: 乾燥気味の環境を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地なら屋外でも冬は越せますが、強い霜には耐えられません

ガザニアの育て方

日当たりと、水はけがよいことが必須。この条件を満たせば、やせ地でも放任で育ちます。この条件を用意できないなら鉢植えするか他の花を選択したほうがよいでしょう。高温多湿は苦手なので、できれば梅雨から真夏は雨の当たらない軒下などに移動したいです

  • 管理:枯れた花は見苦しいので切り取ります。できるなら雨よけをします
  • 肥料:多肥は好みません 。緩効性肥料を春と秋に控えめ与えます
  • 病害虫:高温多湿に弱く根ぐされしやすい。花弁を食べるイモムシがたまに発生します

ガザニアのアレンジ

洋風の庭に向きます。日当たりの良い広い場所や、乾燥気味の花壇に植えるとよく似合います。寄せ植えなら乾燥を好むものと合わせて、花の大きさにリズムをつけるとよいです

ガザニアの主な品種

花色や花姿違いの品種が出回ります。最近は大輪咲きも増えています。蛇の目が入るものが一般的ですが、筋が入るものもよく目立ちます


「シルバーカーペット」
銀葉を楽しむ品種。花は一重の黄色。他の品種よりもさらに高温多湿に弱いですが、比較的寒さには強いです


「ベッキー」
巨大輪の品種。花の直径が15cm程度になり、とても目立ちます

その他の写真


花のアップ。鮮やかな印象を受けますが、力強い野性味も感じます

ガザニアの個人的な印象

オススメ度:60%
よく植えられますが、条件に合わないと美しく育ちません。暖地で日当たりと風通しがよく、乾きやすい場所なら毎年花を咲かせてくれます

コメント

  • 暑さには強いけれどジメジメには弱いという、通風の悪い都会の庭ではやや扱いづらい性質。一年草扱いして初夏の花を楽しむというのもありかと思います

戻ります