本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ガイラルディア

戻ります

ガイラルディアのデータ

花色:オレンジ黄複色
学名:Gaillardia
別名:テンニンギク
科名:キク科
分類:春・秋まき一年草、常緑多年草
原産地:アメリカ大陸
大きさ:背丈25〜90cm 横幅25〜60cm
主な見所:花(7〜10月)

ガイラルディアの特徴

一年草のテンニンギクと、多年草のオオテンニンギクの交配種をガイラルディアと呼んでいますが、最近はすべてまとめてガイラルディアと呼ばれて流通することが多いようです。花色豊富な一年草種と、花や株が大きくなる多年草種に分かれますが、多年草種の中には矮性種もあり区別が難しくなっています。八重咲き種や変わり咲き種もあります。葉は細長い緑色。株は横に広がります

  • 難易度: 暑さや寒さにも強いですが、ジメジメを嫌います
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや乾燥気味の環境を好みます。過湿は苦手です
  • 耐寒性: 関東地方では問題ありません

ガイラルディアの育て方

日当たりと、水はけがよい場所に植えます。条件さえ満たせばやせ地でも放任で育ちますが、湿気の多い環境は耐えられません

  • 管理:花がらは摘み取ります
  • 肥料:開花中に薄い液肥を与えます。多肥は好みません
  • 病害虫:これといった害はありません

ガイラルディアのアレンジ

洋風の庭や自然風の庭に向きます。和風の庭には向きません。野性味があるのでナチュラルガーデンによく合います。鉢植えよりも地植えに向いた花です。黄色とオレンジの配色が夏っぽい元気な印象を与えますが、しっとりした庭では違和感が出るでしょう

ガイラルディアの主な品種

一年草種と多年草種がありますが、交配種もあるので特に区別されずガイラルディアの名で店頭に出回ります

テンニンギク(G. pulchella):一年草。黄色とオレンジの復色です

オオテンニンギク(G. aristata):多年草。黄色とオレンジの復色で背が高くなります


高性種。蛇の目の入り方には様々な変化があります


変わり咲きの品種

ガイラルディアの個人的な印象

オススメ度:65%
夏っぽい元気なアレンジに向く花。見苦しいので花がらはしっかり摘み取ります

コメント

  • ペレニアルガーデンに使いやすい矮性の多年草種が主流で、昔ながらの高性種を見る機会は少ないです

戻ります