本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ケローネ

戻ります

ケローネのデータ

花色:
学名:Chelone
別名:ケロネ、スピードリオン
科名:ゴマノハグサ科
分類:夏緑性多年草
原産地:北アメリカ原産
大きさ:背丈50〜80cm 横幅20〜50cm
主な見所:花(7〜10月)※最盛期は9月頃

ケローネの特徴

園芸では比較的珍しい花といえますが、丈夫な性質と半日陰でも咲くことから少しずつ苗も出回ってきているようです。花もちがよく切花に向いています。花は花茎の頂部に固まって咲かせます。肉厚で不思議な見た目の花でよく目立ちます。葉は濃緑で縁の鋸歯が入ります。株は基部から自然に枝分かれします

  • 難易度::高温多湿に強く丈夫です
  • 日照量::日向から半日陰で育ちます。真夏は遮光したいです
  • 水分量::乾燥を嫌います
  • 耐寒性::寒さには強いです

ケローネの育て方

丈夫であまり手間のかからない花です。日向から半日陰の場所に植えます。半日陰でも花つきはそれほど落ちません。水はけと水もちのよい肥沃な土が好みです。乾燥に弱いので真夏は遮光するかマルチングします。葉への害虫の被害を完全に防ぐのは難しく、夏以降はよくチェックして駆除していくしかありません

  • 管理:花がらは切り取ります。草丈を抑えたい場合は6月ごろ半分程度に切り戻します
  • 肥料:緩効性肥料を控えめに与えます
  • 病害虫:バッタに葉を食べられやすいです。ナメクジなども葉を食べます。いずれも夏以降注意が必要です

ケローネのアレンジ

地植えに向きます。乾燥さえ気をつければ丈夫で毎年花が見られます。洋風にも和風にも合います。シェードガーデンにも向きますが、葉色が濃いので花時以外は見た目が重いかもしれません。花もちがよく、長い期間楽しめます

ケローネの主な品種

ポピュラーなピンク花以外に白花種も出回ります。スピードリオンの別名はケローネの早生種のことを指すそうです。一般的に出回るものはほどんど早生種のようです

その他の写真


鉢花で出回る場合は矮化剤で草丈を小さめにしていることがありますが、本来はやや背丈が高くなります。葉色を見て判断しましょう

ケローネの個人的な印象

オススメ度:65%
園芸ではまだ知名度は低いですが、丈夫でよい花だと思います。ただ、葉が虫(特にバッタ)に食われやすいです。完全に防ぐのは難しいので多少の被害は目をつむりましょう

戻ります