本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

キンセンカ


キンセンカ


ホンキンセンカ

戻ります

キンセンカのデータ

花色:オレンジ黄色
学名:Calendula
別名:カレンデュラ、ポットマリーゴールド
科名:キク科
分類:秋まき一年草
原産地:南ヨーロッパ
大きさ:背丈20〜50cm(ホンキンセンカ20〜30cm)
    横幅20〜30cm(ホンキンセンカはそれ以上広がります)
主な見所:花(12〜5月)※真冬の開花は鈍い

キンセンカの特徴

小輪で横に広がるホンキンセンカと、中輪で立性のキンセンカに分かれます。ホンキンセンカは小さな黄色い花を花つき良く咲かせ、株は這うように横に広がります。キンセンカは八重〜千重咲きのマリーゴールドといった印象(実際とても近い種類です)。美容や健康によいハーブとしても出回ります。どちらも寒さに強く、関東以西の暖地では冬〜早春の花として定着しています。ホンキンセンカは草丈が低くや花も小さいので寄せ植えに使いやすく冬も花が咲くため人気があります。一方、キンセンカも寄せ植えに使いやすい、背丈を抑えた苗が出回るようになって店頭で見かける機会も増えてきています

  • 難易度: とても丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所で育てます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 関東以南では屋外で冬越しします

キンセンカの育て方

日当たりと水はけのよい場所なら特に問題はありません。酸性の土壌を嫌うので苦土石灰で中和しておきます。陽だまりなら冬の間も少ないながら開花が続きます。晩春ごろになると徒長しやすくなり、害虫の被害にもあいやすいので早めに次の花に更新しましょう

  • 管理:終わった花は切り取ります。ホンキンセンカは横に広がるので他の植物を覆わないよう管理します。キンセンカは風通しをよくしてウドンコ病を予防します
  • 肥料:元肥に緩効性肥料を与え、開花期は液肥も併用します 。晩春以降の施肥は控えめに
  • 病害虫:寒い時期は問題ありませんが、暖かくなるとうどんこ病やアブラムシが発生します。特にキンセンカはうどんこ病に注意が必要です

キンセンカのアレンジ

ホンキンセンカは花壇や寄せ植えの前景に植えたり、ハンキングで垂れるように使うとよいでしょう。引き立て役に向いており、単独で用いるのはお勧めできません。キンセンカは花壇の中景に向いています。よく目立つ花色で明るい雰囲気を演出できます

キンセンカの主な品種

キンセンカにはいくつか改良品種が出回っています


「オレンジポーキュパイン」
鮮やかなオレンジ色の花色と、管状になる花弁が特徴の品種。やや高性


「まどかシリーズ」
様々な咲き方や花色がある品種。写真の花色はチーズトルテ。寒さに強いです

その他の写真


ホンキンセンカは日差しがないと花が閉じています

キンセンカの個人的な印象

オススメ度:65%
春のまだ肌寒い季節は草姿が綺麗でよいのですが、晩春以降に暖かくなると徒長しやすいです。冬から早春までと割り切れば使い勝手は良好

コメント

  • ホンキンセンカのは真冬の花の上がりは言われているよりもよくありません。3月以降に本格的に開花します

戻ります