本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

バッカリア

戻ります

バッカリアのデータ

花色:
学名:Vaccaria hispanica
別名:バッカリア・ヒスパニカ、ドウカンソウ、サポナリア・バッカリア
科名:ナデシコ科
分類:秋・春まき一年草
原産地:北半球の温帯
大きさ:背丈40〜80cm 横幅20〜30cm
主な見所:花(4〜6月)

バッカリアの特徴

よく伸びる枝にかわいい小花を咲かせます。アレンジに合わせやすく切花用に人気があります。花は一重で五弁の整った形、花色はピンクや白があります。一年草タイプのカスミソウの花に似ていますが花はやや大きめで、葉や枝振りなどを含めた株全体で見ると姿はあまり似ていません。葉は楕円形で対生します。株は直立し切花に使いやすいです。秋まきが一般的ですが、寒地や平暖地では春まきでも育ちます。以前は、サポナリア属でしたが現在はバッカリア属にいるため、サポナリア・バッカリアと呼ばれることもあります

  • 難易度: 丈夫ですが、やや害虫が多い
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 適湿を好みます
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地では問題ありません

バッカリアの育て方

日当たりと水はけのよい場所で育てます。これ以外の条件はあまりこだわりません。適地なら放任でも育つ丈夫な花ですが、害虫が多く葉が食べられて汚くなることが多いので、切花にする場合は定期的な薬害散布が必要になります

  • 管理:花がらは切り取ります。ハムシが発生しやすい庭では発芽以降定期的に薬剤を散布して害虫を防ぎます。放っておくと丸坊主にされて枯らしてしまいます
  • 肥料:緩効性肥料を控えめに与えます。多肥の必要はありません
  • 病害虫:ハムシが発生しやすい
  • タネから

    南関東以西の暖地では秋まきが一般的。寒冷地では春まきにします。タネは中ぐらいの大きさ。直まき、ポットまきいずれでも育てられます。発芽率は良好。育苗も難しくありませんが害虫には注意

バッカリアのアレンジ

切花用にまとめて植えるほか、洋風の花壇にも向きます。自然風の庭にはあまり向かないでしょう。比較的しっかりした枝をしていますが、それでも背が高くなりまとまりにくく倒れやすいので支柱や囲いなどがあるとよいでしょう

バッカリアの主な品種

ヒスパニカ種(V.hispanica)が出回っています

バッカリアの個人的な印象

オススメ度:50%
かわいい花が咲き、切花にも使いやすいですが、やや害虫の被害が多い印象です

コメント

  • 自分の栽培経験ではハムシの被害が多い花でしたが、ネットではあまりそういった情報はないようです。たまたま環境が悪かったのかもしれません

    ハムシに食害された様子
  • 名称に色々と混乱がありますが、バッカリアあるいはバッカリア・ヒスパニカといえば間違いなく本種のことだと伝わるでしょう。

戻ります