本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヒルザキツキミソウ

戻ります

ヒルザキツキミソウのデータ

花色:
学名:Oenothera speciosa
科名:アカバナ科
分類:常緑多年草
原産地:北アメリカ
大きさ:背丈30〜45cm 横幅40〜80cm以上(ほふく性)
主な見所:花(5〜7月)

ヒルザキツキミソウの特徴

夕方〜夜咲きの多いツキミソウの仲間ですが、明るい間に花を開くので花壇にもよく用いられます。形は少し角ばった広釣鐘型で、ピンクと白の混じったような花を、初夏から長期間咲かせます。葉は比較的小さく、枝は直立しますが、それほど背丈は伸びません。いつの間にか増えるほど丈夫な花で、駐車場の脇のような荒れた場所でも育ちます。野生化して空き地などに咲いている姿もよく見かけます

  • 難易度: ポイントを抑えれば楽に育ちます
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: 湿り気味の環境は苦手です
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ヒルザキツキミソウの育て方

必ず日当たり水はけのよい、やや乾燥した場所に植えます。適地に植えれば後は放任で育ちます。ジメジメした場所では美しく育ってくれません。やせ地のような肥料分が少ない場所で育ち、土が肥沃すぎると葉ばかりが茂って花が咲きにくくなります。移植を嫌うので、苗を植える場合は根鉢を崩さないようにします。株分けもできますが直まきのほうが楽に増やせます

  • 管理:特にこれといった管理はありません。広がりすぎたら根際から切り取ります。株分けや移植をする際は、広めに根鉢をとって根を傷めないようにします
  • 肥料:春に緩効性肥料を控えめに与えます。多肥はよくありません
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ヒルザキツキミソウのアレンジ

洋風の庭に向きますが、和風や自然風の庭にも使えます。横に広がるように育つのが魅力なので、広めのプランターに単独で植えるか花壇に植えます。地植え向きで寄せ植えにはあまり適していません。性質は強健で野性的な印象がありますが、花色や草姿は優しげなので他の花とも違和感なく合わせられます。境裁や沿路脇などに植えるとよく似合います

ヒルザキツキミソウの主な品種

これといった品種は特にないようです

その他の写真


横から見た花のアップ

ヒルザキツキミソウの個人的な印象

オススメ度:70%
環境が良ければこれといった手間もなく育ちますが、合わない場所だと魅力は発揮できません

コメント

  • ヒルザキツキミソウ以外で園芸に用いられるツキミソウの仲間は他にいくつかありますが、店頭で出回ることは少なく見かける機会はほとんどありません

戻ります