本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハナニラ

戻ります

ハナニラのデータ

花色:ピンク青白
学名:Ipheion uniflora
別名:イフェイオン、スプリングスターフラワー
科名:ユリ科
分類:秋植え球根
原産地:南アメリカ
大きさ:背丈10〜20cm 横幅15〜25cm
主な見所:花(3〜4月)

ハナニラの特徴

春に星の形をした花が立ち上がって咲きます。花つきと花もちがよく、秋植え球根の中では長く楽しめるもののひとつです。葉は細長く、明るめの緑色。ムスカリと同じで植えつけた年は美しくまとまっていますが来年以降は少しだらしなく伸びます。花色違いの品種がいくつかありますがポピュラーなのは青+白色と白色です。名のとおり葉からニラのような香りがしますが栽培上は気になりません

  • 難易度: とても丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが半日陰でも花は咲きます
  • 水分量: 広い範囲の環境に適応します
  • 耐寒性: 耐寒性は強いです

ハナニラの育て方

秋に球根が出回るので、比較的早めの10月頃に植えます。植えつけ深さは3〜4cm程度とします。とても丈夫な花で放任で育ち、植えた後は数年植えっぱなしにできます。むしろ増えすぎに注意が必要です。秋から春は日当たりを好みますが、暗くなければ半日陰でも花は咲きます。土質は極端に条件が悪くなければあまりこだわりません

  • 管理:タネをつけやすいので枯れた花はできれば摘み取ります
    植え替えはあまりせず3〜4年は植えっぱなしで大丈夫です。花つきが悪くなったら初夏以降、葉が枯れた後に球根を掘り上げて保存し、秋に再度植えつけます
    葉が出てきたら緩効性肥料を少なめに与え、花後にカリ分の多い肥料を追肥します
  • 病害虫:ほとんど発生しません

ハナニラのアレンジ

洋風や自然風の庭に向きます。和風の庭でも使うことは可能ですがポイント的に用いた方が良いでしょう。寄せ植えで使うことは少なく地植えで育てることがほとんどです。花壇の縁取りやボーダー花壇の前面などが合っています。大きめの寄せ植えの鉢の縁に植えて葉物兼用として用いるのもありです

ハナニラの主な品種

花色違いの品種が出回ります。品種によっては先祖返りしやすいものもあります


‘ロルフフィドラー’
青紫花の品種。育て方は同じです


‘ピンクスター’
ピンク花の代表的な品種。育て方は同じです


‘ホワイトスター’
花色が白の品種。育て方は同じです

‘ウィズレーブルー’
花色が青みの強い品種

その他の写真


ハナニラの球根。小型でぷっくらという印象

ハナニラの個人的な印象

オススメ度:80%
植えっぱなしで誰でも咲かせることができる超強健な球根植物
花後にだらしなく伸びる葉がマイナスポイント

コメント

  • 雑草化するほと丈夫です

戻ります