本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハイビスカス

戻ります

ハイビスカスのデータ

花色:オレンジ黄色白
学名:Hibiscus spp.
科名:アオイ科
分類:常緑低木
原産地:園芸品種
大きさ:背丈35〜150cm 横幅25〜120cm
主な見所:花(5〜10月)※真夏は開花が鈍ります

ハイビスカスの特徴

ハイビスカス属の仲間は多岐にわたり、花が似た種類のものも数多くあります。ただ、園芸上ではブッソウゲなどを交配親にした一部の品種郡を指し、なかでもハワイアン系とオールド系、コーラル系の3系統がよく育てられています。原種がたくさんある上に、交配しやすく園芸品種はとても多いです。花色は赤や赤紫、ピンク、黄色、オレンジ、白など豊富にそろいます。花は一日花です。葉は濃い緑色で、矮化剤のためさらに濃い緑になっていることがあります。株は暖地以外では小さく仕立てられていますが自然状態では3m以上になります。夏の花のイメージがありますが、実際には亜熱帯の花なので真夏は開花が途切れがちです

  • 難易度: 比較的丈夫な花ですが、冬越しは室内で
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みますが、真夏は遮光したほうがよいです
  • 水分量: 適湿を好みます。水切れさせるとつぼみが落ちます
  • 耐寒性: 最低5℃はほしい。屋外での冬越しは難しいです

ハイビスカスの育て方

真夏以外は日当たりのよい場所で育てますが、暑さが苦手なのでなるべく風通しのよい涼しい場所におきます。真夏は開花も途切れがちなので、鉢植えは水切れを防ぐためにも半日陰に移動した方がよいでしょう。特にハワイアン系は暑さに弱いので西日に当てないように置き場を調整します。土は肥沃で水はけのよい用土に植えます。開花期は水切れさせないようにします。冬、10℃程度の温度を保てない場合は落葉します

  • 管理:矮化剤が効いている間はそれほど枝が伸びません。翌年は枝が伸びだすので形を整えるために剪定します。適期は生育期ならいつでもできます。新梢の枝先に花をつけるので、摘心して枝数を増やすと花が多くなります。終わった花びらは勝手に落ちますが花茎は切り取ります。根張りがよいので鉢植えの場合は1〜2年ごとに植え替えます
  • 肥料:緩効性肥料を十分与え、場合によっては液肥も併用します。肥料食いはよいです
  • 病害虫:アブラムシが高確率で発生します。アオイ科なのでハマキムシも発生しやすいです。室内に置くとコナジラミもよく発生します

ハイビスカスのアレンジ

暖地以外では鉢植えで育てます。いかにもトロピカルな雰囲気の花なのでアレンジもしやすいでしょう。観葉植物や他の熱帯花木と寄せ鉢するとよく合います。寄せ植えも無理ではありませんが生育旺盛なのであまり向いていません。特に2年目以降は枝もよく伸びるので合わせにくくなります。もちろん単独でも十分魅力を発揮できる花です

ハイビスカスの主な品種

たくさんの品種がありますが大まかには以下の3つが主に育てられています。近年は豪華なハワイアン系が人気です

ハワイアン
ハワイで交配された大輪種。暑さに弱くやや性質も弱い


オールド
在来系とも呼ばれます。花つきがよく、丈夫でよく成長する古くからある品種群


「サマーレッド」
オールド系。赤花種。有名な「レッドスター」に似ていますが、花弁にフリルがつきます


コーラル
フウリンブッソウゲが交配親で下垂する花が多い。寒さに弱いが暑さに強いです


「ブリリアント」
コーラル系。下垂した花を咲かせます。名前の通り鮮やかな赤花

その他の写真


イエローの花色の一品種


八重咲きの花の一品種

ハイビスカスの個人的な印象

オススメ度:80%
一日花なので常に美しい花を見ることができます。夏っぽさの演出の為にぜひ取り入れたい花です

コメント

  • 鉢植えで売られているものは矮化剤を使用しているケースがほとんどです

戻ります