本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ヘリオトロープ

戻ります

ヘリオトロープのデータ

花色:紫白
学名:Heliotropium arborescens
別名:キダチルリソウ、ガーデンヘリオトロープ、チェリーパイ
科名:ムラサキ科
分類:半落葉〜常緑小低木
原産地:南アメリカ
大きさ:背丈25〜80cm 横幅30〜60cm
主な見所:花(6〜10月)

ヘリオトロープの特徴

原種は香料を取るためのハーブとして知られていますが、園芸品種として改良され花苗として販売されています。濃い紫〜白色の房状の花が美しく、花つきもよいです。園芸品種の花の美しい品種は香りが弱いものが多いです。しわの目立つ葉は光沢がなくマットな印象です。別名の通り茎が木質になって大きくなります。高温多湿に比較的強いので夏花壇によく使われるようになりました

  • 難易度: 暑さにも比較的強く丈夫な花です。冬越しはやや難しい
  • 日照量: 日当たりのよい場所が適地ですが、明るい半日陰でも育ちます
  • 水分量: 乾燥に弱いです
  • 耐寒性: 南関東以西の暖地なら霜よけ下で屋外でも越冬します

ヘリオトロープの育て方

高温多湿に強いので夏花壇に頼りになる花です。日当たりのよい場所が適地ですが、明るい半日陰でも花が咲き、葉も傷まず綺麗な深緑になります。湿り気のある土壌を好み、乾燥すると葉がしわしわになってしまいます。肥沃でやや水もちのよい土に植えて、鉢植えの場合はマルチングなどで保護します。南関東以西の暖地なら屋外でも冬越しできますが、凍結や強い霜にあうとあっけなく枯れることもあるので油断しないようにしましょう

  • 管理:花がらは茎ごと切り取りますが、あとは放任で育ちます
  • 肥料:初夏に緩効性肥料を与え、開花期は追肥して株の勢いを保ちます
  • 病害虫:虫に葉を食われることがあります

ヘリオトロープのアレンジ

洋風の庭に合います。鉢に単植するほか、花壇や寄せ植えにも向いています。一般種は大きくなりやすいですが、矮性品種はこんもりまとまってくれるので整形花壇に使えます。花色が少ないので、主役というよりはポイント的に使うのに向いています。見た目はそれほど目立つ花ではなくシックな感じになります

ヘリオトロープの主な品種

店頭には芳香の強い品種ではなく、花が美しいかわりに香りの弱い品種がよく出回ります

コモンヘリオトロープ
香りが非常に強いです。店頭ではほとんど見かけません

ビックヘリオトロープ
香りが弱いかわりに花が美しく、通常店頭に並ぶものはこちらです。


薄紫に花を咲かせる品種

ヘリオトロープの個人的な印象

オススメ度:75%
株が自然にまとまるので使い勝手は悪くありません。高温多湿に強いのもポイント。園芸店で一般的に出回る品種は香りが弱く、気にしなくても問題ありません

コメント

  • コモンヘリオトロープは遠くからでもわかるほど強いバニラの香りがしますが、園芸品種は香りが弱いものが多く分かりにくいです

戻ります