本文へスキップ

ガーデニング・園芸に用いられる植物の中で私が栽培したことのある種類を図鑑にしています

ハーデンベルギア

戻ります

ハーデンベルギアのデータ

花色:白
学名:hardenbergia
科名:マメ科
分類:常緑つる性低木
原産地:オーストラリア
大きさ:背丈1.0〜3.0m 横幅0.5〜3.0cm
主な見所:花(3〜5月)

ハーデンベルギアの特徴

以前はあんどん仕立てなどの鉢花として見かけることが多かったですが、近年は温暖化の影響か関東南部以西の暖地では屋外で冬越しするため花苗として見かけることも多いです。やや下垂する穂状の花序をつけます。花色は紫と白。花つきがよく最盛期は目立ちます。葉は濃緑色で細長い三角型。つるは旺盛に伸びて広がります。枝は最初やわらかいですが時間がたつと木質化して硬くなります

  • 難易度: 丈夫な花です
  • 日照量: 日当たりのよい場所を好みます
  • 水分量: やや乾いた環境を好みます
  • 耐寒性: 強い霜は避けます

ハーデンベルギアの育て方

とても丈夫な花。日当たりと水はけのよい場所を好みます。ジメジメは苦手でやや乾燥ぎみに管理します。病害虫も少なく誘引以外は手間のかからない花です

  • 管理:枯れた花は摘み取り、花後に切り戻します。茂り過ぎた場合は古い枝を元から切ります。花後につるが伸びますが、枝が硬くなる前に早めに誘引していきます
  • 肥料:春と初夏に緩効性肥料を与えます
  • 病害虫:たまにミノムシなど葉を食べる害虫が発生することがあります

ハーデンベルギアのアレンジ

洋風の庭に向きます。硬い印象が和風や自然風の庭ではやや違和感があります。鉢植えで育てると小さく維持することになりますが、本来の魅力は大きく育てることで発揮されます。屋外で冬越し出来る暖地ではトレリスやフェンスなどを使って伸び伸び育てたいです

ハーデンベルギアの主な品種

花色別で出回る程度です


白花種

その他の写真


花のアップ。マメ科らしい形をしています

ハーデンベルギアの個人的な印象

オススメ度:85%
伸び伸び育てて魅力が出る花。屋外で冬越し出来る地方ならお勧めです。丈夫で病害虫も少ないのもポイント高いです

コメント

  • 東京湾沿岸部程度の寒さなら防寒は不要です。内陸側のやや寒い地方の場合は軒下などで保護します

戻ります